スモールスタート、ロングラン

スモールスタート、ロングラン

運動不足が気になって

ジョギングを始めたのは社会人になって2年目。 毎日が家とオフィスの往復で運動不足を深刻に感じていました。

その頃、なかなか営業がうまくいかなかったり、会食続きで太ったり。 なんだかパッとしないライフサイクルを変えたいと思い、走ってみようと思ったのがきっかけでした。

ダイエットをしたい友人も引き入れ、近くの公園で待ち合わせて走り、帰りにお茶したりごはんを食べたり。走ることよりも、半ば集まることが楽しみのようでしたが、少しずつ走り始めていきました。

どう続けていくか、が一番の肝

最初はよいものの、よくある3日坊主になりかけていました。 今日は寒い、今日は遅い、今日は雨だと、段々走る回数が減っていきました。

そんな中、友人がプレゼントしてくれたのが「Nikeプラス」という靴の中に入れられるチップでした。「Nikeプラス」はiPodとチップを連携させて、自分の走ったペースや距離、友人との比較もできるというシステムでした。どんどん記録が重なっていくのが楽しく、目に見えることが画期的で、自ら続けることができるようになっていきました。

今はスマートフォンと対応し、GPSで計測できるアプリになっています。

不思議なよいサイクル

ダイエットや運動不足の解消が目的だったのですが、続けていくと段々と不思議なことが起こり始めました。

伸び悩んでいた営業成績があがりはじめ、走るほどに仕事がうまくいくようになりました。 それまでずっと頭が仕事でいっぱいだったのですが、適度に走ることで頭に空っぽになる余白ができたのかもしれません。もしくは、睡眠や食事にもメリハリがついたことも原因かもしれません。

また仕事だけでなく、将来に向けて新たに勉強も始める余裕もでき始めました。

大会出場で目標をつくる

今は仕事を変え、引っ越し、住む場所も変わりましたが、毎日少しずつ走り続けています。 ただ目的なく走るだけですと飽きがきてしまうので、時々大会にも出ています。 大会の日を目標に練習をするようになるので、とてもよい習慣をつくることができます。

現在、沖縄に住んでいますが、ここは気候があたたかく、環境もよいので、様々な大会が毎月のようにあります。 大会によっては、夜走ったり、仮装があったり、給水所にご当地の名産があったり、走った後の夜、地元の人たちと大宴会があったり、と参加するだけでもとっても楽しめます。

始めやすく、続けやすい

ジョギングの一番よいところは、少ない道具で簡単に始められるところです。 靴と短パン、Tシャツがあれば、誰でもランナーに早変わり。 こんなに手軽に始められる趣味はなかなかないのではないでしょうか。

わたしは飽きっぽい性格なのであまり最初からお金がかかる趣味は難しいと思っていました。 しかし、ジョギングは始めやすく、どこに行っても続けやすく、結果長く続いている趣味になっています。

家のまわりや河川敷、公園を週末走るところから始めるだけでも、何か新しい変化が自分に起こるかもしれません。ぜひみなさんも試してみてくださいね。

もっと見る

  • アソビュー