すっきり爽快感が気持ちいい

すっきり爽快感が気持ちいい

歩くのが大好きだった子ども時代

私は元々、体を動かすのが大好きな子どもでした。幼稚園生だった頃、実際に住んでいた家と、実家が商売をやっているお店との距離は、7~8キロは離れていたと思います。その頃の私は、両親の仕事場に遊びに行くために、自分の意思で、頻繁にその距離を歩いて行き来していました。今考えると、真似することではない行動だと思いますが、私が運動好きだったことがよくわかるエピソードです。

また、10〜15キロ程離れた大型公園に、友達と歩いて遠足に行くことも大好きでした。

そのような私だったので、小学校の授業のマラソンで「走る事が好き」ということが開花するのは、自然なことだったと思います。

走りたいという欲求が止まらない

小学校ではマラソン大会もあるので、負けず嫌いだった私は、家に帰って自分で走りこみをするようになっていきました。 学校が終わってから 適当な服に着替え、ひたすら走りに出かけるのです。

また、単純に走りたいという欲求も強く、友達の家に遊びに行く時も、離れた距離で坂道だらけなのに、走って到着していました。よく不思議な顔をされたものです。

小学生~高校生時代のマラソン大会前は、ストイックにタイムを意識して自主練習し、それ以外の時は気ままに、ゆっくりとしたスピードで走って、気分転換をしてきました。

フットワークが軽くなる

習慣的に走っていると、体と心が自然と強く、健康になっていくように思います。 小さい頃からあまり風邪を引く方ではなかったですし、長距離を走るので忍耐力がつきます。

何より、早くから運動の習慣を身につけることができたことがとても良かったと思います。 運動の習慣をつけることで、普段の日常で何か行動を起こす場合、腰が軽くなりすっと取り掛かりやすいのです。 これは本当に気持ちがいいことで、早く行動したり、フットワーク軽く色々な場所に出かけることで、楽しいことがさらに増えることが多いです。

体型維持には言わずもがなで役立っております。 気分がすっきりした上に、ボディラインもすっきりするって、とてもいいですよね。

ホノルルマラソンに挑戦したい

ランニングとジョギングというのは違う、という事を最近知りました。 ランニングの方がジョギングよりも速度が速く、ジョギングは、気楽に話しながらでもできる速度なんだそうです。私が今やっているのは、ジョギングです。

今でも十分楽しく走っているのですが、実はホノルルマラソンに興味があります。 ハワイの景色を見ながら走ったり、その滞在で現地を観光するのって、とても楽しそうだなと思います。 長い長い距離を走るものですから、トレーニングがさらに必要になりそうですが、それすらもハワイのことを考えると楽しくできそうです。

気軽に始めることができる

ジョギングは、誰でも気軽に始めることができるのが、大きな魅力だと思います。

お金もほぼかからないに等しいですが、こだわりたいという方にとっては、ジョギングウェアに凝ってみるのも、また楽しいことだと思います。 今はかっこいい、かわいいウェアがたくさん出ていますからね。

スピードもそれ程早く走るものではないので、きれいな自然を見ながら、音楽を聴きながら、友達と気楽に話しながらなど、色々な楽しみ方があると思います。

心も体もすっきりするので、一度始めるとその爽快感に、すっかりはまってしまうと思いますよ。 ぜひ、気軽に始めて気楽に続けてみて下さいね。

もっと見る

  • アソビュー