読書

読書

空いた時間にちょっと楽しみが欲しいな、ヒマをつぶしたいな・・・

そんな時、あなたなら何をしますか?

インターネットやゲームなど、私たちの周りには便利なツールがたくさんあります。 これだ!と思う情報にすばやくたどり着いたり、手軽に遊べるのはありがたいことですよね。

でも、たまにはゆっくり腰を落ち着けて本を読んでみてはどうでしょう?

本は簡単に持ち歩けて、いつでも好きな時に読むことができます。 登場人物が喜んだり怒ったりするのを見守り、きれいな描写にうっとりして、物語の世界に入り込めるのが読書の良いところ。

活字が苦手な人でも、自分にぴったりの本を見つけると、たちまち夢中になってしまうかもしれませんよ。

本の種類

本の種類

本を読んでみよう!と思っても、どれを手に取っていいかわからない、ということもありますよね。 本当にたくさんの種類がありますが、ここでは物語の本について紹介します。

純文学

文章の美しさや芸術性を重視した作品です。 難しそうなイメージがありますが、登場人物の気持ちに深く共感したり、新しいものの見方に気づいたりできます。

三島由紀夫の『金閣寺』を読んだことがある人は、本当の美とは何か、ということを突きつけられて衝撃を受けたのではないでしょうか。

歴史小説

史実にもとづいた話もあれば、それぞれの時代背景をもとに書かれた架空の話もあります。

宮部みゆきの『泣き童子』という短編集は江戸時代を舞台にしていますが、いつまでも言葉を話さない子どもの話や、人をつかまえて食べてしまう怪獣の話など、現代のホラーやサスペンスと同じようにわくわくできる作品です。

ファンタジー

現実とは違う世界を舞台にした作品です。 魔法や不思議な出来事が映像的に描かれており、アニメや映画が好きな人にもオススメです。

ハリー・ポッター』や『ペギー・スー』シリーズなど、子ども向けに書かれた作品でも、世界観がしっかりしているものが多く、大人が読んでも十分楽しめます。

ミステリー

事件が起きて、その犯人を追ったり、真相を突きとめたりする物語です。人が殺されたりする話は苦手、という人でも大丈夫!

加納朋子の『螺旋階段のアリス』『月曜日の水玉模様』のように、日常の中にひそむ小さな謎をとき明かすお話もありますよ。

読書の魅力

読書の魅力

知識が広がる、深まる

自分とは違う経験をしてきた人の話や、思いもよらない考え方が、本にはたくさん書かれています。

まわりの人ともっと上手に付き合うにはどうしたらいいか、自分に合った仕事を見つけるにはどうしたらいいか、そういったことも本から学べます。 自分一人ではわからなかったことが、本を読むといつの間にか解決していたりするのです。

また、いろいろな言い回しや表現に触れることで、ことばの力がアップします。 自分の気持ちを伝えたり、大勢の前で話したりするのが上手になりますよ。

想像力が高まる

夜の海がキラキラと光る様子、それを見てロマンチックな気分にひたる恋人たちなど、本の中ではシーンや情景がさまざまな言葉で書かれています。 それがまるで、自分の体験のように思えることはありませんか?

読めば読むほど目が文章に慣れていきます。 そうすると、人物の顔や話し声、風の冷たさや太陽のまぶしさも、頭の中で自由に思い描けるようになるのです。

いつでもどこでも楽しめる

映画館のように時間に縛られません。 じっくり読みたいところでは手を止め、早く次が読みたいところではすぐにページをめくるといった、自分のペースで楽しめます。

そして、しおりをはさんでおいて続きから読んだり、後で気になったところを読み返したり、好きなようにできるのです。

また、書店や図書館に足を運び、自分の目で本を探して手に取るのは、インターネットやゲームでは味わえない楽しみ方です。

読書のはじめ方

読書のはじめ方

どの本を読もう?

まずは実際に本を手に取ってみましょう。書き出しが気に入ったり、読みやすそうだと感じたものを選ぶのが一番です。 あまり読書に慣れていない人にオススメしたいのは、文章がわかりやすくて筋がしっかりしている本です。

重松清の『日曜日の夕刊』、山本文緒の『ブラック・ティー』などは、「あっ、私のことかも」と誰もが思えるような話なので、サクサク読めてしまいますよ。

読書記録をつけてみよう!

せっかく良い本と出会っても、時間が経つにつれて記憶が薄れてしまったり、「この本読んだっけ、まだだっけ」と悩むことはありませんか?

本を読んだら、記録をつけていきましょう! タイトルと作者をメモしておくだけでも良いですが、簡単な感想や面白かったところなども書き添えると、こんなに読んで知識も増えた!と実感できますよ。

交流も広がります

読書記録をつけたら、それを発表してみましょう。 インターネットには、本の感想やレビューを投稿できるサイトがあります。自分でサイトやブログを開設するのも良いですね。 同じ本を読んでいる人がそれを見つけて、感想をコメントし合えるかもしれませんよ。

他にも自治体や図書館が開催する読書会、ビブリオバトルなどの集まりに参加すると、本が好きな人たちと直接出会うことができます。 お互いに、好きな本をオススメし合うのもきっと楽しいですよ。

まとめ

読書まとめ

自分の気持ちを伝える言葉を身につけたり、相手の気持ちを思いやることができるようになったり、読書は私たちの心を大きく成長させてくれます。

一冊読み終わるとまた次が読みたくなる、本の世界へ飛び込んでみましょう!

  • アソビュー