消しゴムはんこ

消しゴムはんこ

メッセージカードやラッピング、毎日のカレンダーなどに、なんとなくオシャレなアクセントが欲しいな・・・ そんなとき、イラストを書いたりシールを貼ったりするのもいいですが、消しゴムはんこでデコレーションしてみてはいかがでしょう?

消しゴムはんこを作るのって、細かい作業だし不器用な私には難しそう・・・

いえいえそんなことはありません。コツさえつかめばすぐに上達して簡単に作れるようになるんですよ!

そんな消しゴムはんこについてご紹介します!

消しゴムはんこってどんなもの?

消しゴムはんこ  
消しゴムはんことは、その名のとおり消しゴムではんこを作ること。

子どもの頃、写し絵って書きませんでしたか?あの要領で好きな絵、好きな文字を濃い鉛筆で写し絵します。その絵を消しゴムに転写する。そして彫る。たったこれだけです。

完成したハンコ1つで、いろいろなスタンプが楽しめます。重ねて押してみたり、たくさんの色を使ってみたり、浮世絵のように押すなんて言う技もあります。

簡単に多色押しをしたい時は、たとえばチューリップを作ろうとしたときに花の部分と茎の部分とを作り、押すときに1つの作品にすると言うのも味のある感じになりとってもステキですよ。

消しゴムハンコの魅力

消しゴムはんこ

いろんなシーン・用途で活躍

イチオシは、おなまえハンコ。ひとつ作るととっても便利!どんなものでもとってもかわいいオリジナルなものに変身しますよ。手帳やノート、子どもの上靴やマスク、ハンカチ、帽子と何にでも押せちゃいます。

他には、数字のハンコでオリジナルカレンダー、お気に入りハンコを押せばただの茶封筒もかわいい封筒に変身します。写真のおすそ分けをする時などチラリとオリジナル封筒を見せつけちゃいましょ。とにかく活用できるハンコは無限大です!

手軽にできる

親子で楽しめる趣味って言うのも魅力のひとつですね。こんなのが作りたいね、難しそうだけど出来るかな、など会話を楽しみながらひたすら彫る。親子で消しゴムはんこ作りに没頭です。もくもくと彫り続ける時間はとても集中できますよ。

お子さまの集中力をつけるのにもオススメかもしれませんね。

お金がかからない

道具はすべて100円ショップでそろえることができます。消しゴムも文房具コーナーではなく手芸コーナーの方に消しゴムはんこ用の消しゴムが置いてあることが多いです。インクも何色も置いてあり結構充実してますよ。

慣れてきてもっと色んな色が欲しいとなれば、手芸店へ行ってみましょう。少し値段は高くなってしまいますが。

消しゴムはんこを作ってみよう!

消しゴムハンコ

はじめに用意するもの

消しゴムはんこの作り方ですが、ネットで検索するとたくさん見つかります。わかりやすく写真付きで説明しているサイトもたくさんあるので参考にしてみてください。

または本もたくさん売られていますし、図書館にもたくさん置いてあります。かわいいデザインも多数載っているので見ているだけで楽しいですよ!

必要な道具

デザインカッターまたは彫刻刀

デザインカッターの方が細かいところもカットしやすいのでオススメです。

消しゴムはんこ用の消しゴム

真っ白のものよりも、片面に色がついているものが良いです。色がついてることによって、彫ったところとそうでないところがわかりやすくなっています。

カッター版

普通のカッター版でOKです。

トレーシングペーパーまたはクッキングシート

うつし絵用の紙で構いません。

鉛筆

B以上の鉛筆がオススメです。

スタンプインク

布にも押せるインクもあります。用途を考えると、そちらをオススメします。

まとめ

消しゴムはんこまとめ

いかがでしたか?消しゴムはんこを作ってみたいなと思ってもらえたでしょうか?

本当に簡単にはじめられる上に、出来上がったものが本当にかわいくてとても愛着のある作品になりますよ。 自信がついたら、お友達へのプレゼントにしたり、フリマアプリなどで販売するのもいいですね。

まずは100円ショップへ出かけてみましょう。たくさんの消しゴムはんこと出会えますように!

作品を販売してみませんか?

「ココナラハンドメイド」が3月23日にオープンしました! 頑張って作った作品をここで販売してみませんか?

オープンしたばかりでまだ出品数も少ないので、たくさんの人に見てもらえるチャンスです!!

オープン記念として、作品が売れた時の販売手数料が "無料” になっています(期間限定)

  • アソビュー