手軽に始められる消しゴムはんこ

手軽に始められる消しゴムはんこ

元々、手先を使って何かを作ることが好きで、母親と手芸をよくする子供でした。 ぬいぐるみ、ペンケース、フェルトのマスコット…たくさん作り、ときには祖母の内職も手伝ったりしました。 消しゴムはんこの世界を知ったのは、子供を出産してからで、赤ちゃんがいても家にいてできる趣味はないか…とネットで何気なく探していて目に留まったのが始まりでした。

最初に揃える道具は消しゴム、ナイフ、カッターマット、転写紙、とすべて100均で揃うものばかり。 ひょっとすると既にすべて家で揃っているかもしれません。 お手軽に気楽に始められるとあって、消しゴムはんこを知ったその日にはもう彫り始めていました(笑)

どうやってはじめたか

スクールに通って効率よく上手くなりたい気持ちもありましたが、なにせゼロ歳児を抱えていた時期で、自分の時間をまとめて確保することが難しかったので、子供が寝ている隙にインターネットですべてをイチから独学で学びました。

消しゴムの種類はどんなものがあるのか、直接消しゴムに絵を描くのか、転写紙を使って転写するのか、書く物の種類は?シャーペン?鉛筆?、ナイフの角度や種類は?

スクールに通うよりも習得には時間がかかりましたが、自分で色々考え、知っていくのは、次々新しい扉を開けていくようでとても楽しい時間でした。

はじめて良かったこと

名前はんこを作ってプレゼントするととても喜んでもらえたこと。 ブログなどで作品をアップしたりするうちに、消しゴムはんこをする仲間に知り合えたこと。 普通の生活の中ではできなかった仲間。 同じ趣味なので気が合うことも多いです。

実際に、遠方の方とスタンプイベントなどでお会いしたり、日頃は郵送で作品交換をしたり、作った消しゴムはんこを購入したり、してもらったり… ポストに届いているのをみると、ポストカードや封筒が1通1通、消しゴムはんこの印影や消しゴムはんこで作ったシールなどが貼られていて、皆さんとても素敵に飾っていらっしゃいます。 封筒から手作り!なんていう方もいます。

切手まで、自分のはんこの印影でオリジナル切手にしてしまう方も!(郵便局にあるサービスです)

そんな素敵で可愛い封筒を手に取って開けるまでのワクワク感、開けた時の素敵な作品と心温まるお手紙を見た時の感動。 私もそんな作品を作りたい、心温まるお手紙をかけるような人になりたい、と思う瞬間です。 これは、消しゴムはんこをやってなかったら出会えなかった感動だと実感します。

オーダーメイドで作っていきたい

消しゴムはんこを始めて5年目になるので、一通り勉強をして、手軽に取れる資格を一つ取得しました。

消しゴムはんこ作家様がズラッと並ぶはんこてんにも出展することができました。

ネット販売も始めることができ、ありがたくもこれまでにたくさんのお客様とご縁がありました。

これからは、オーダーメイドを積極的に受けてみたいなと思っています。 消しゴムはんこは作れないけど、オリジナルなものが欲しいという方に、消しゴムはんこを作りたいです。

資格を取得しましょう

消しゴムはんこは道具も手軽に揃うし、場所もとりませんし、細かい作業が好きな方やオリジナルが好きな方なら、やってみると意外と熱中できます!

なにより、自分が描いたイラストがそのままスタンプになって繰り返し使えるのが楽しいですよ。 消しゴムはんこは、彫るだけでなく、彫ったあとの活用が幅広くあるので、掘り下げるととても奥が深く楽しい趣味です!

資格の取得は絶対必要なものではないですが、取得していると活動の場が広がります。 基礎さえ出来ていれば取れるものもあります。 スクールに通わないと取得できない特別な資格もあります。

資格を取ると、展示会などに参加できたり、イベント出展できたり、講師として教室を開けたり、などもあります。 自宅で教室を開くこともできるので、場所が確保できれば、もう「消しゴムはんこの先生」です。 消しゴムはんこの資格は3,000円程度で取れるものから60,000円程度のものまで様々です。

自分に合った資格を取ることができるので、どの資格を目指そうか…と考えるのもまた楽しみのひとつです。

もっと見る

  • アソビュー