レジンアクセサリー

レジンアクセサリー

レジンアクセサリーといえば、みなさんも一度はショップなどで見かけたことがあるのではないでしょうか?

最近ではスターターキットが販売されたり、ワークショップが開かれたりするなど、まだまだ人気は健在です。

実は知らない人も多いのですが、基本の道具さえ揃えてしまえば誰でも作れてしまうので、ハンドメイドの中ではハードルが低いんです。なのに、チャームから手作りするので、オリジナリティは抜群!

そんなレジンアクサセリー作りをご紹介しますね。

レジンアクセサリーってどんなもの?

レジンアクセサリー

レジンとは英語で『resin』と書き、樹脂のことを指します。そして、レジンアクセサリーとは、レジン液で作ったチャームを使ったアクセサリーのことです。

このチャームには、ミール皿やシリコンモールドを使用したものまで、実にさまざまな種類があります。

また、一昔前までは樹脂アクセサリーと呼ばれていましたが、ブームとともにレジンアクセサリーと呼ばれるようになったんですよ。

レジンアクセサリーの 魅力

世界にひとつだけのオリジナルチャーム

レジンアクサセリー作りの醍醐味は、オリジナルのチャームを作れることです。 たとえば、アルファベットや球体、動物モチーフのチャームなど、市販のシリコンモールド(型)に好きなパーツを封入することで、自分だけのオリジナルのレジンチャームを作ることができます。

そして、そのレジンチャームを使ってアクセサリーを作ってみましょう。イヤリグ、ピアス、イヤーカフ、ペンダントトップ、リング、ブレスレット、ヘアゴム、コーム、バレッタ、バッグチャーム、イヤホンジャックなど、アイデア次第で作れるアクセサリーは無限大!

意外と簡単に作れる

レジンアクセサリーの良さはなんといっても『簡単に作れる』ことでしょう。道具さえそろえてしまえば、子どもから大人まで誰でも簡単に作ることができます。

レジン液の扱いに慣れてきたら、自分が作りたいアクセサリーによって、レジン液を変えてみるのもオススメです。メーカーによって仕上がりが異なるので、レジン液を変えるだけでも雰囲気の異なるアクセサリーができちゃいますよ!

自分でつけたり、プレゼントしてみよう!

レジンアクセサリーは同じチャームでも、ロジウムや金古美といった異なる素材と合わせることでも、がらりと雰囲気が変わります。そのため、さまざまなタイプのレジンアクセサリーを作っておけば、一年中その季節に合ったアクセサリーを身につけることができますね!

また、チャームから手作りするので、世界にひとつだけのオリジナル。その特徴を活かし、プレゼントとしても喜ばれることが多いので、手作りに慣れてきたらぜひプレゼントしてみてくださいね。

レジンアクセサリーを作ってみよう!

レジンアクセサリーと宝石箱

必要な道具はたったの4つ!

レジンアクセサリー作りに欠かせないものは次の4つです。

レジン液

レジン液には『ハードタイプ』、『ソフトタイプ』などいくつかの種類があります。初心者の方には一般的なハードタイプがオススメです。

パーツ

これは金属で出来たパーツからイミテーションのパールなど、自分の好きなものでOKです。

ミール皿、シリコンモールド

ミール皿やシリコンモールドにレジン液を注ぎ、その中にレジンに閉じ込めたいパーツを入れるために必要です。

UVライト

レジン液を硬化させるために使います。小さいものから大きいものまで売られていますが、大きいアクセサリーを作りたいと思ったとき、小さいUVライトでは作るのが難しいので、買うなら大きい方を購入すると良いでしょう。

自分に合った始め方で

道具が揃ったら、すぐに始めることができます。無料動画や本などを利用すれば、1人でも問題なく作ることができるのもレジンアクセサリーの魅力の1つ。

1人でできるか不安な場合は、開催されているワークショップに出掛けてみてください。基本さえ習得すれば、あとは練習を重ねることによって、次第に上達しますよ!

まとめ

レジンのクリアキューブ

いかがでしたでしょうか?そろえる道具からハードルが高いと思われがちなレジンアクセサリー作り。実はこんなに簡単に始めることが出来るんです!

ぜひ自分だけのオリジナルのレジンアクセサリーを作って、ワンランク上のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

アクセサリー作りの体験をしよう!

アクセサリーを作ってみたいけど、上手に作れないし、道具を揃えたり準備するのが面倒だな・・・

そんな人はアクセサリー作りの体験に参加してみましょう。 体験してみるとコツもわかって、自分で作れるようにもなりますよ!

  • アソビュー