ワイヤーアクセサリー

ワイヤーアクセサリー

ワイヤーで作るアクセサリーとはどんなものでしょう?

石にワイヤーを通し留める。ワイヤーでパーツを作る。ワイヤーで石を装飾する。ワイヤーを組み合わせてアクセサリーにする。それらを全部ワイヤーワークといいます。 

「穴の開いていない天然石をワイヤーで包んだアクセサリー」と言うと、 「あ!見たことがある」とか、「友達が習い始めた」とか、思いつく方もいらっしゃるかもしれませんね。

それはラッピングという代表的なワイヤーワークですが、それだけではありません。

どんな作品ができるのか、オススメのワイヤーや特性・魅力などをご紹介します。

ワイヤーアクセサリーとは?

アメジストピアス

どんな物が作れるの?

ワイヤーの特性を活かして、ネックレス、ブレスレット、ピアスなどはもちろん、ヘアアクセサリー、可愛いチャームなども作れます。作れるものはアイデア次第!

様々な技法

  • 石を包むラッピング
  • 穴の開いた石に通すワイヤリング
  • 石を囲むフレーミング
  • 細いワイヤーを編むクロッシェ
  • 丸カン(金属の輪っか)を様々に繋ぐチェーンメイル

といった様々な技法があります。また、クロッシェ、チェーンメイルなど、独自に発展・展開している技法もあります。

ワイヤーの種類

大まかに貴金属と非貴金属があり値段も違います。 硬さや色、耐久性などそれぞれ特性があり、目的で使い分けをします。

貴金属

18金、ゴールドフィルド、シルバーフィルド、シルバー925など

非貴金属

ステンレス、真鍮、アーティスティックワイヤー、チタンなど

特にアーティスティックワイヤーは加工しやすい硬さ、色数の多さ、美しいコーティングなどから人気があり、始めるのに最適なワイヤーです。

ワイヤーアクセサリーの魅力

クロッシェブローチ

オリジナリティあふれる作品

市販のパーツ類を組み合わせてつなぐのではなく、丸カンや金具などのパーツ類から作ります。 えー!丸カンも作るの?って驚く方もいますが、そこが楽しい。

新しいクラフトだけに、基本はあってもルールはありません。

自由にワイヤーを曲げ、何もない所から全て作り出す醍醐味は他では味わえないですね。

魅せられるワイヤーの輝き

アーティステッィクワイヤーにはベーシックカラーからポップな色まであり、汗にも強く変色もしにくく、機能面でも優れています。

それにも増して、美しい色合いのコーティングで、ワイヤー自身から放たれる輝きも魅力の一つですね。 細いワイヤーでの繊細な編み込みや、太いワイヤーで縁取られた力強さ。 同じデザインでもワイヤーの色を変えればまったく違った雰囲気で楽しめます。

デザインによっては彫金の様でもあり、リアルジュエリーに近い雰囲気を漂わせるので、大人の女性のアクセサリーと言えます。

身近な物が工具にも

大げさな道具は必要とせず、机の片隅くらいのスペースで、3本くらいの工具と時にはフリーハンドで作ります。

丸める時には丸いペンチ、角を作る時には四角いペンチと使うといった、工具の形を利用して曲げていきます。 編み棒やボールペン、ぺットボトルのキャップなど、身近な物も工夫次第で工具になるんです。 それらを使って思い通りの形にすることができた時は、きっとうれしくなりますよ!

工具の使い方を覚えれば特別に難しくはありませんが、初めはちょっとだけ難しかったりする所も魅力の一つでしょうか。

ワイヤーアクセサリーのはじめ方

ワイヤーアクセサリーを作る

とにかく手にとって!

独学も可能です。とにかくワイヤーを手にして曲げて見ましょう。 どう曲げたらどうなるのか?試行錯誤もまた楽しいですよ。そうそう!一筆書きの要領です。

ワイヤーの特性や曲げ方のコツをつかめば、独創的な発想を活かせます。 基本から学びたい方はHOW TO本が出ており、各地のカルチャーセンター、ワークショップなどで学ぶこともできます。

自由な発想で作れるものなので、講師によって作品の違いが顕著です。自分好みのテイストを探してみましょう。

ワイヤーワークにオススメの道具類

  • アーティスティックワイヤー
  • 丸ペンチ 
  • 平ペンチ 
  • ベントノーズプライヤー
  • ナイロンジョープライヤー
  • ニッパー
  • ビーズマット 三角皿 メジャー 目打ち など

指の延長が工具です。必要な物は身近な材料で工夫して作ったりもできます。 使い心地は重要なので自分に合った重さ、サイズで探しましょう。

費用はどれくらい?

アーティスティックワイヤー

小さい巻きが300円くらいからあります。 太さと色によっても違いますが、手頃なお値段です。

工具類

一式セットや単体で買うことができます。 ピンキリですが、セットで4000円くらい、単体で500円くらいからあります。

ニッパーは仕上がりに差が出るので、2000円くらいの少し高価な物をオススメします。

オリジナルを作る楽しさ

クロッシェチョーカー

人とは違ったアクセサリーが欲しいなって思っていた方。 あなただけの、たった一つのアクセサリーがハンドメイドできるんです! それがワイヤーアクセサリー。

センスがないから・・不器用だから・・・って言わないで。センスは磨く物、多少歪んでいてもそれが味。 ちょっとだけ頑張ってみれば、思い描いたアクセがあなたのものになります。

アイデアを形にできるワイヤーワークの楽しさを、ぜひ味わってみてくださいね。

アクセサリー作りの体験をしよう!

アクセサリーを作ってみたいけど、上手に作れないし、道具を揃えたり準備するのが面倒だな・・・

そんな人はアクセサリー作りの体験に参加してみましょう。 体験してみるとコツもわかって、自分で作れるようにもなりますよ!

アンケート+保険相談で
もれなくプレゼントキャンペーン中です!

  • アソビュー