趣味のUVレジンアクセサリー作り

趣味のUVレジンアクセサリー作り

幼稚園で家庭教育学級という、保護者対象の講座の企画運営を担当する役員になりました。役員は2年間務めるのですが、2年目のママさんにお世話になった記念に、私たち1年目のママさんたちから何か作ってプレゼントをしようということになりました。その話し合いの中で、レジンアクセサリーはどう?と一人が言い出したことがきっかけでした。

6人で作って6人に贈ることになったので、それぞれ一人ずつ贈る相手を決めて、その人のイメージを膨らませていきました。この人にはこういったデザインが似合うんじゃないか、この色は合わない感じじゃない?と意見を出し合っていくうちに、だんだんと楽しくなってきました。

はじめたタイミング

意見を出してくれたママのお姉さんが、UVレジンアクセサリーをすでに何点も作っていたので、私たち6人に教えてもらうことになりました。

まずは練習を兼ねて、自分用のアクセサリーを作りました。要領がわかった時点で、贈る相手のイメージを織り込みながら、作り上げました。

その後、私たちが役員2年目になった時には、講座を一年に8回開催することになりました。どのような講座にするかを相談している時に、自然とUVレジンアクセサリーは欠かせないよねっていう話になりました。講座当日は役員は参加者のお手伝いに回ることになるので、それまでにスキルをあげておこうと、本格的に始めました。  

作りはじめて良かったこと

もともと手作りすることが好きで、あれもこれもやってみようと材料や道具を揃えていたのですが、本格的に作ることはなく、宝の持ち腐れ状態でした。 このUVレジンアクセサリー作りもまずは道具を揃えることから始めたのですが、空枠やミール皿もいろんな種類があるのであれもこれも欲しくなってきて、ネットショップを見たり実際にお店に足を運んだりと、活動的になりました。

子どもができてからは自分のことは後回しにしていたので、趣味で何かを作るという時間もありませんでした。 それがUVレジンに出会ってからというものの、新しい友達も増え、良いことづくめです。 

これからの夢

資格のいらない世界ですが、これをきっかけにハンドメイドクリエイターの資格を取得したので、それを生かせるようにしたいです。

UVレジンアクセサリー作りは手軽に始められるとあって、趣味で始めている人が多いのです。そこで、他の人の作品とは違う、自分だけが作れるオリジナルを見つけることが一番の目標です。

不用品を売るフリーマーケット会場で、趣味の手作りとして少しだけ出してみたところ、興味を持ってくれる方が結構いらっしゃいました。数点だけですが売ることもできたので、続けていきたいです。そしていつか、お店に委託販売できるようになりたいです。

ぜひ一度は体験してみて下さい!

レジン液さえあれば、日光に直接あてて硬化もできるので、専用のランプがなくても、手軽に始められます。時間はかかりますが、それはそれで楽しめますよ。

ミール皿や空枠内にどうデザインするか、実際に作ってみると細かい作業もあるし、思い通りにできないことも多々あります。違ったデザインになっても、それが良い味を出していたりします。

細かい作業が頭と手を使うこともあって、時間があっという間に過ぎますし、意外とリフレッシュできているので、私にとってこの趣味はストレス解消にもなっています。

道具を揃えれば、それこそ生涯学習になり、年齢も関係なくいつでも楽しく作ることができると思います。

最近は、お店やイベント会場のワークショップなどで材料費のみで体験できることが多いので、ぜひ一度体験してみて下さい!

もっと見る

  • アソビュー