パン作り

パン作り

街を歩いているとどこからともなく漂ってくる香ばしい匂い・・・

どこから漂ってきているのか探してみると、そう、目の前にあるパン屋さんです! あのどこからともなくフワッと香ってくる焼きたてのパンの香り。たまりませんよね。

日本人はお米が主食と言われていますが、パン食の方も多いのではないでしょうか?朝食に焼きたてのトーストにバターとはちみつをのせてかぶりつくのが大好き!という方。どうせなら「パン」から自分で手作りしてみませんか?

おうちの中いっぱいに広がる、焼きたてのパンの香りをぜひ体験してみてください!

おいしいパンへの道

パンの発酵

パンといえばメンドクサイ!?

小さい頃、お母さんに「パンを作って~」とお願いをして「大変だからだめよ!」と言われてしまった悲しい過去はありませんか?パンというとどうしても時間がかかってしまうイメージがありますよね。

一次発酵、二次発酵。さらにはベンチタイム。
実際はたいしたことない作業ばかりなのですが、パン生地を成長させる時間がかかるのでそう思ってしまうのも無理はないはずです。しかしものは考えようです。

その発酵時間を有意義に使ってみましょう。例えばそれまでに出た洗い物。ちょこちょこと片付けていけば、キッチンもきれいなまま気持ちよく作業ができますね。

他にはおいしいコーヒーでも淹れてちょっとブレイクタイム。焼きたてのパンがもうすぐ食べられると想像するだけでワクワクしたブレイクタイムになること間違いなしです!

身体にやさしいパン

パンを作る材料といえば「小麦粉」ですよね。実は小麦粉よりも「米粉」を使ったパンの方が身体にとってはやさしいのです。米粉のパンはとくにモチモチした食感でおいしいので、食べたことがない方はぜひ一度召し上がってみてくださいね。

しかし、お店ではなかなか米粉を使ったパンはおいてありません。かろうじて見かけても、売っているのは普通の白パン。そしてお値段も少し高いと来ると、甘いデニッシュやウインナーロールなんかの影に隠れてしまいますよね。

しかしこの問題も自分で作ればあっという間に解決です!おうちにいながら米粉を使ったあんぱんやクリームパン、ウインナーロールも作れてしまいます。

おうちパン屋さん

おうちパン屋さん

材料を集めよう!

パン作りは簡単です。基本の生地の材料は、

  • 小麦粉
  • イースト菌
  • バター
  • 砂糖
  • ぬゆま湯

これだけです。イースト菌さえ買ってしまえばあとはご自宅に常時備わっているものではないでしょうか?

きちんと配合を守ればだれでもおいしくつくることができます。最近はホームベーカリーで生地まで作ってくれるものもあるので、そういう家電を使用するのも良いですね。残るは成型だけですが、小さいお子さんがいらっしゃるのであれば一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

いろんな種類の小麦粉

小麦粉にはいろんな種類があります。有名なところでいくと「はるゆたか」「春よ恋」などでしょうか。スーパーでも手に入りやすい定番となると「カメリヤ」なども挙げられますね。小麦粉によって味や香り、食べた時の感じ方も変わります。食べ比べをしてみても面白いですね。食べただけで何の小麦粉が使われているかまでわかるようになるころにはあなたもパンマスターになっているかも!?

自分で作ることで産地や小麦粉までこだわることができます。産地がわかることはとても重要なことですよね。

焼きたてのパン

パンが焼けたらぜひすぐにアツアツを召し上がってください。幸せな気持ちになれることでしょう!もちろん手作りのパンは冷めてもおいしいですよ!

さいごに

パン作りさいごに

上手にできたらお友達に差し入れとしてプレゼントしても良いですね。あなたの作ったパンであなたも周りの人々も幸せになれることでしょう。ぜひそんな「幸せのパン」を作ってくださいね。

  • アソビュー