ゴルフを通じて広がった世界

ゴルフを通じて広がった世界

私の地元はとても田舎で田園風景が広がる場所に住んでいました。 その中で父親が元々ゴルフをやっていたこともあり、家の庭に使わなくなったゴルフクラブが置いてありました。 それを使って、家の畑に向かってゴルフボールを打つ遊びをしていたことが、まずゴルフを始めたきっかけだったと思います。

大きくなるにつれ飛距離も伸びていったため、畑で遊ぶこともできなくなりました。 しばらくはゴルフをすることもなくなりましたが、心の中では続けたい気持ちは持ち続けていました。

本格的なゴルフデビュー

父親にゴルフをやりたい旨を伝え続けて、高校生になったころにようやく中古ですが、ゴルフクラブ一式を買ってくれました。

そこからは家の近くにある練習場へ不定期ではありましたが、ほぼ一人で練習場へ行き、自分なりにテレビで中継しているプロのスイングを研究して練習をしていました。

ある程度形になってきたので、コースでの練習も相談しましたが、学生時代連れて行ってもらえたのはショートコースのみでした。

本格的にコースデビューできたのは高校を卒業して就職してからになります。

広がる世界と癒しの時間

ゴルフを続けていたことにより、まずは会社でのつながりが広がりました。

就職後しばらくして、賞与をもらえる時期に新しいクラブセット一式を購入しました。 そこからまた個人ではありますが本格的に練習をしていたため、会社の先輩からコースを回らないかと話をしてもらうことができました。

そこから、その先輩とは何度かコースをラウンドし、コースでのルールやマナーなどを教えてもらいました。 また、他の人たちとも一緒に回ることもあったりと、社会に出るにあたってゴルフを趣味にしていることは大きなメリットになっていたかと思います。

また、ラウンドの途中に食べる昼食や、ラウンド終わりの大浴場での入浴などの癒しも初めてよかったと思えることです。

これからの目標は何か

少しの時期ではありましたが、職場に上級者の方がいてその人に自分の悪い癖であったりやるべきことだったりを教えてもらえました。 そういったことを継続して続けていき、今まで破れなかった100の壁を越えられるようになれたらいいなと思います。

また、ゴルフを通じてコミュニティを広げられたら良いのかなとも思っています。 そのためにはやはり練習あるのみだと思うので、できる限りの練習を重ねてスキルアップしていきたいと思います。

最後に見てくださった方々へ

今のゴルフは昔と違い、若い人にもおすすめできるものになってきているかと思います。

お金は確かにかかるかもしれませんが、初心者向けのセットを購入するなどすると思っているほどの値段ではないかと思います。 また現在はファッション的にもおしゃれになりましたし、平日だと割とお手頃にコースをラウンドすることもできます。

全くゴルフをしたことがない人が始めるには一人でというのは難しいかと思います。 でも周りに相談をすることや、練習場にレッスンしてくれるプロの方も居たりするので、そういったところへ行ってみるのも良いのかなと思います。

都会暮らしをしているとなかなか自然に触れ合う機会も少なくなってしまいがちですので、コースへ行き、自然を感じることも楽しいのではないかなとは思っています。

もっと見る

  • アソビュー