ストレス発散におすすめ!

ストレス発散におすすめ!

私の場合は単純に好きなバンドの演奏を生で見てみたい!と思ったのがきっかけです。

高校生の頃の話になりますので、もうかれこれ30年近く前の話なのですが、当時はインターネットなど普及していなかったし、情報を得るためにはライブに行かないと情報を入手することができなかったというのもあります。

テレビや雑誌などで取り上げられる有名なバンドならばライブに行かなくて楽しめるのだとは思うのですが、CDがショップには置かれていないバンドの場合では、ライブの物販で手に入れなければいけなかったということも大きく影響していると思います。

最初は勇気がいるけど、そんなものは最初の最初だけ。

それでも一人でライブに行くとなるととても勇気がいることではありました。当時アマチュアバンドが出演する深夜番組があって、そこで数分告知ができるシステムがあり、その情報を糧にライブに行く決意をしたのです。それが私のライブ観戦のルーツになります。

最初はもちろん勝手もわからないので他の人をよく観察したりして、次来るときは真似をしようなどと思ったものです。怖くて緊張したのは最初だけでした。何回か行ってみるとそのようなことを感じることはなくなり、素直にライブを楽しむことができるようになりました。

存在があるうちに、後悔しない為にも。

結婚をした今でもライブにはよく行きます。好きな音楽のジャンルも30年変わらずにいますが、もちろん当時から変わらずに音楽活動をされているという方は少なくなってきていますので、自分よりもかなり若い子のバンドのライブに行きます。

ファン層はかなり若くなっていますので、そうなると場違い感は否めませんが、せっかくライブに行ったからには後悔はしたくありませんので、自分なりに精一杯楽しみますが、無理はしません。ダイブをしたりモッシュをしたりということは全くありませんし、危険を感じたら後ろや端に寄るようにしています。

自分にとって唯一の息抜きだとも言えるし、日頃抱えたストレスを発散できるのもライブの醍醐味です。それに形あるものはいつかなくなってしまいますので、好きなバンドがいつ解散や活動休止になるかもわかりませんので、後悔しないようにライブには行き続けると思います。

年齢関係なく楽しむことができる。

ライブ観戦というと若い子だけのもののように思われがちですが、私のように40代であってもライブに行っているという方はかなりいらっしゃいます。好きな音楽の生の音に触れるというのはその時だけしか体験できないことですので、まだ体験されたことがないという方は是非一度行かれてみることをおすすめします。

そのアーティストによってライブハウス、ホール、スタジアムなどと規模は違うかもしれませんが、どんなところであってもその臨場感は絶対に感じることができると思います。

音楽のジャンルによって怖いイメージを持たれてしまう方もいるかもしれませんが、かなり激しめのロックバンドのライブにおいて、公演後に疲れて隅でしゃがんでいたら何人もの人が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたことがあります。人混みに紛れて痴漢行為をするような人もいるようですが、悪い人ばかりではないと思っていただけたら幸いです。

肩身が狭い思いも若干しますが、いくつになっても好きな音楽と共に人生を送って行きたいと思っています。

もっと見る

  • アソビュー