ライブハウス

ライブハウス

ライブハウスに行かれたことはありますか?

ライブハウスというと若者が行くところと思われがちですが、老若男女問わず、意外と幅広い世代の人たちが楽しんでいるんですよ。

楽しみ方も音楽を聴くだけではありません。 MCのトークでは、曲の背景や最近あった面白いエピソードなど、そのアーティストをより深く知ることもできるんです。

ライブハウスになんとなく閉鎖的なイメージがある方にも、きっと興味をもってもらえるライブハウスについてご紹介します!

ライブハウスってどんなところ?

ライブハウス

どんなアーティストが出演するの?

出演者はやはりバンドが多いのですが、弾き語りのシンガーソングライターやアイドルなど幅広いジャンルのアーティストが登場します。

ワンマンといって一つのアーティストのみが出演するライブもあれば、複数のアーティストが出演する場合もあります。

1度に5組程度のアーティストが交代で出演することもあるので、様々なアーティストを観れておトク感があります! 全く知らなかった人たちが、好きなアーティストに変わる可能性を秘めていますよ。

ライブハウスならではの感覚

イヤホンでは味わえない、アレンジや生音の迫力。ライブだからこそ味わえる音があります。 それに加え、ライブハウスは比較的小さな場所なので、音が響き、音楽に包まれるような不思議な感覚に浸れます。

また、パフォーマンスも楽しめます。 アーティストたちが自分たちをより魅力的に見せるために、視覚・聴覚にうったえるような演出でステージ上を彩ります。 これによって曲への没入感が高まることでしょう!

ライブハウスの種類

ギター演奏

ライブハウスにも様々な種類があります。それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

大規模ライブハウス

メジャーデビューしているバンドなどが主に出演。 案内などのスタッフも多く場所もわかりやすいため、初心者でも気軽に行きやすくなっています。

中規模ライブハウス

メジャーデビューまたはその予備軍が主に出演します。 若干わかりづらい場所にある可能性もあります。 出演者側も積極的にお客さんを獲得したいので、サインや握手などに応じてくれやすいのがメリットです。

小規模ライブハウス

インディーズや無名の出演者が多く、奥まったところにあるのが大半で秘密基地のような場所がほとんどです。 初めて1人で行くにはハードルが高いかもしれません。

ライブハウスの魅力

耳だけでなく全身で音楽を感じることができる空間

やはり生音ならではの迫力!ベースやドラムの低音が体に響くのが実感できます。思わず体が動き出す感覚を体感できるはずです。

全身に力が湧くようなワクワクする感覚に身をゆだねてノリノリになれば楽しいこと間違いなし! 暗いため周りの目を気にせずはしゃげるので、自分を曝け出せて開放的になれます。

建物もそこまで大きくないので、物理的距離の近さも相まって迫力満点です。

アーティストとの距離感が近い

ライブハウスに出演するアーティストは、これから名前を売っていこうというバンド等がほとんどです。 そのためファンサービスも兼ねて、アーティスト自身が物販に立つことも多くあります。

握手やサインなどをもらえるチャンスもありますし、何度も足を運んでいるうちに顔を覚えてくれたりと、アーティストたちとの距離感が近いのも魅力です。

ライブハウスには仲間しかいません

ライブハウスに集まる人たちは自分と同じ音楽が好きな人ばかり。 例え一人でライブに参戦したとしても、その空間で大勢の仲間たちと楽しみを共有できます。 たくさんの人と一緒に盛り上がるというのは他にはない楽しさがあります。

手拍子をする、手を突き上げるそんな些細なことでも、音楽と共にすると楽しくなります。 振付などがあれば、見よう見まねでもやってみると楽しめますよ!

音楽とは不思議なもので、その場にいる人たちを包み込んで一体感が生まれます。

ライブハウスに行ってみよう!

ライブチケット

チケットを入手しよう

まず、チケットを入手する必要がありますが、ネットでの購入が一般的になっています。 またライブハウスの場合は「取り置き」といって、公式サイトからのメールやSNSを通して、出演者に直接連絡することでもチケットを入手することができます。

ドリンク代が必要です

また、ドリンク代が別途必要で、500〜600円がほとんどです。 これは出演者ではなくライブハウス側に支払うものなので、チケット代とは別に必要となります。 入場の際に支払うとドリンクと交換できるチケットが渡されます。

服装についての注意点

ライブハウスはあまり広くないので他人の足を踏んでしまうことは充分考えられます。 ヒールなどは履かず運動に適した靴・服装をオススメします。

また、ほとんどのライブハウスにはロッカーやクロークなどがありますが、ライブハウスの規模によっては数が少なかったり無い場合もありますので、事前に確認してから行く方が安心です。

楽しんだもの勝ち!!

はじめて行くときは誰しもが緊張するものだと思います。 最初は友達を誘った上の方が行きやすいかもしれませんが、案外一人の方のほうが多かったりします。

周りのお客さんはご新規さんにも優しいので、わからないことがあればスタッフ以外でもお客さんに聞いても大丈夫!

大事なのは楽しもうという気持ちです。一歩踏み出せば、新鮮な世界が広がっていますよ!

  • アソビュー