パニック障害が改善されました

パニック障害が改善されました

きっかけはパニック障害を患ったことです。パニック障害は名前は聞いたことがあるけど、症状はあまり知られていない病気に思います。私は5年程前からパニック障害になり、精神的に不安な日々を送っていました。

ある日たまたまインターネットの特集記事で「大人の塗り絵」がパニック障害や鬱などの精神疾患に良いと書かれていたので、半信半疑ではありましたが試しに買ってみることにしました。

インターネットで購入

パニック障害を患い、一人で外出するのも困難だったので、インターネットで口コミ件数が多く、評判が良いものをとりあえず1冊購入しました。絵具や色ペン、水彩で色を塗るなど自由だと思いますが、私は既に色鉛筆を持っていたので、色鉛筆でやってhみることにしました。

最初はどこにどの色を塗ろうか、どの絵から始めようかなど試案しながらやっていましたが、次第にどこにどの色を塗ろうが、花だからこの色じゃないといけないとか、水だからこの色じゃいけない等という決まりはないのだから、自分の好きなように塗ろう!と思うとみるみるうちにページが進み、後で見返してみてもそれなりに綺麗に見えました。

母が水彩画を趣味で始めた頃と似ていたので、時々写真を送ったりしてお互いの絵を自慢しあっていました。

集中力が凄い!

塗る場所が細かかったり、塗る場所が多かったりするので、正直手は疲れますが、とても集中して時間があっという間に過ぎていきます。

パニック発作が起こりそうになった時や、不安を感じた時に「大人の塗り絵」をするようにしたら、不思議なことに何かに集中しているせいか発作も起きず、気付けば精神的に不安だったことすら忘れていました。

次第に子供の時以来の塗り絵が楽しくなり、不安を感じた時以外にも塗り絵をするようになり、今では3冊目に突入しました。

色々なストーリーがある

「大人の塗り絵」と言っても種類は色々で、花や草木をメインとしたものや、おとぎ話の世界を描いたもの、歴史を描いたもの、風景を描いたものなどたくさんあります。花や草木、おとぎ話のものは既に完成したので、次はまた違うストーリーのものに挑戦したいです。

塗り絵だけのおかげではないと思いますが、今ではパニック障害もかなり改善され、症状も落ち着いてきました。同じ不安を抱えてらっしゃる方にも是非知ってもらいたい取り組みだと思います。何もしない時間があるから不安を感じたり、ネガティブになったりする病気だと思うので、塗り絵を楽しみながら一人の時間を過ごすことから始めてみてはいかがでしょうか。

もちろん健康な人にも試して欲しい

精神疾患がある人だけに関わらず、何か趣味を見付けたい人や時間を無駄に過ごしたくない人、絵が好きな人、色の組み合わせのセンスがある人、誰にでもできる「大人の塗り絵」です。

最近ではインターネットの記事で特集が組まれたり、書店の入り口に特設がもうけられたり、一度は目にした事がある人も多いのではないでしょうか。 書店に行くのが面倒な人はインターネットでも気軽に購入できますので、是非一度覗いてみてください。

ここはこんな色にして、こっちはこの色、と考えているだけできっと楽しくなって早くやってみたくなるはずです!

もっと見る

  • アソビュー