チューリップが完成!

チューリップが完成!

将来カフェの経営をする為に、コーヒーについての知識を学ぼうと、コーヒーコーディネーター講座を受講しました。

通信教育だったので、送られてきた教本にDVDが付いていました。 そのDVDを見た時に、ハンドドリップの勉強よりも、ラテアートをやってみたいと思うようになり、講座が終わりに近づく頃には、エスプレッソマシンを購入していました。

まずは独学で・・・

いざエスプレッソマシンを購入してはみたものの、操作マニュアルを見てもラテアートの説明は載っていないし、ネットで検索して手順を調べても、実践には役に立たないしと、ただ戸惑うばかりの日々でした。

送られてきたDVDを何度も見たり、図書館で参考になる本を借りてきて、まずはミルクピッチャーに牛乳を入れ、その中にノズルを差し込んで、ミルクを対流させてスチームミルクを作る練習をしました。

ミルクの泡の粒を滑らかにする為に、ミルクピッチャーを回したりトントンしたりして作っている時に、エスプレッソを抽出して、さぁハートを描いてみよう!と気持ちは高ぶっていましたが、空振り・・・ 何度も繰り返し練習しましたが、なかなか上手くはいかないもの。

未知の世界への、第一歩

しかし練習の成果があり、少しハートに近づけました。

それから一年経ち、カフェの営業準備が始まり、コーヒー豆を入れてくれる業者さんも決まり、その業者さんの展示会で、業務用のエスプレッソマシンを購入しました。

業者さんの中にコーヒーインストラクター1級の資格を持っている方がいて、その方に教えてもらえる機会をいただいて、なんとかハートは描けるようになりました。 コツが掴めてきた時には、本当に嬉しかったです。

次はリーフを・・・

それから一年経ち、仕事の合間にラテアートの練習をしていた時に、それまで全く綺麗に描くことが出来なかったチューリップが、最後のハートまで綺麗に描けるようになりました。 感動しました。「チューリップが完成した~」と、

次の目標はリーフです。 リーフもチューリップと同じように、ある日突然描けるのではないかと思っています。

これからも、ひたすら練習です

ラテアートも技術だと思うので、練習すればするほど、上達が早いと思います。 一番良いのは、描ける人の横で見て勉強するのが、上達への早道だと思いますが、なかなか習いに行く時間もないので、最後は独学で続けていけば、いつかは自然と描ける日が来ると思います。

リーフを描くコツを掴んで、確実に描いてみたいです。美しいリーフを・・・

もっと見る

  • アソビュー