コーヒー

コーヒー

朝食や午後の休憩のほっと一息に欠かせないのは「コーヒー」ですよね。
ほろ苦い味の中にほのかに香るアロマ。疲れた心を癒してくれる効果は抜群です。

みなさんはそんなコーヒーをどのようにして準備していますか?
あらかじめスティック状に梱包されたコーヒーの粉が売られています。お湯を注ぐだけで手軽にコーヒーが作れるというアレですね。 そういった「インスタントコーヒー類」もおいしいですが、たまにはもう少し手と愛情を込めて、より本格的なコーヒーを楽しんでみませんか?

あなたもバリスタになってしまいましょう。

奥が深いコーヒーのお話し

コーヒー

こだわり抜こう!コーヒー豆

コーヒーショップにいくとまず目に入るのがたくさんの種類のコーヒー豆です。一杯のコーヒーを飲むためにたくさんの中から好きなものを選べるだなんてとっても魅力的ですよね。コーヒー豆は様々な産地で生産されています。ケニアやグアマテラ、そしてブラジル。有名な産地は耳にしたことがありますよね。

もちろん気になる産地で選んでも良いですが、用途にや好みに合わせて選ぶこともできます。 例えば、アイスコーヒー専用の豆や、エスプレッソ専用の豆、中にはカフェラテに適した豆もあるのです。どのようなスタイルで飲みたいのかよく自分自身と相談してみましょう!

酸味と苦味

コーヒーの味の主な要素はご存じでしょうか?実は「酸味」と「苦味」なのです。

では自分に合う「酸味」と「苦味」のバランスを見つけるためにはどうしたらよいのでしょうか?それは「好みのロースト具合を知る」ことなのです。

コーヒーのバランスはローストの具合によって決まります。「浅煎り」「中煎り」「中深煎り」「深煎り」と分けられています。ローストが浅ければ酸味が強く、深ければ苦味が強くなります。よくコンビニなどで「深煎りコーヒーブレンド」などと書かれた商品を見かけますよね。それは苦味が強いコーヒーですよということになります。

あなたのお好みは酸味のあるコーヒーですか?苦味のあるコーヒーですか??

コーヒーの淹れ方

コーヒーの淹れ方

コーヒーの深いところは豆の種類の多さだけではありません。コーヒーの淹れ方にもたくさんの種類があるのです。いくつかご紹介いたします。

ペーパードリップ

最も一般的な淹れ方です。紙のフィルターを使ってコーヒーを淹れます。

ネルドリップ

綿のフィルターを使って淹れる方法です。ペーパードリップよりも本格的な味わいになりますが、お手入れが難しいです。

フレンチプレス

紅茶をよく飲む方は見慣れているのではないでしょうか?容器の下側にコーヒーとお湯をいれ、最後に上からプレスしてコーヒーと粉に分離させます。

淹れ方だけでなく、さらに人にもこだわることができます。硬水と軟水の違いによっても味が変わるんですって!

おいしいコーヒーを淹れてみよう

コーヒーを淹れてみよう

自宅で豆を挽こう

コーヒー豆を挽いて粉になった瞬間から徐々に酸化が始まってしまいます。なるべく新鮮な状態で飲むためには、その都度豆を挽くことが大切です。電動のコーヒーミルや手動のコーヒーミルも販売されていますのでぜひ手に入れてみてください。

豆を挽いていると、挽きたてのよい香りが部屋中に広がって、癒やしてくれることでしょう。

コーヒー豆自体の鮮度も徐々に落ちていきますので、2週間程度で飲み切れる量のコーヒー豆を購入するように気を付けましょう。

用意するもの

一般的なペーパードリップであれば、コーヒーポット、ペーパーフィルター、コーヒーミル、ドリッパー、お好みのコーヒー豆。

かっこよく書くとこうなりますが、簡単にしてしまえば、お湯と挽きたてのコーヒー豆、そしてドリッパーのペーパーフィルター。以上の4点です。そうそう、お気に入りのマグカップも忘れないでくださいね。

まとめ

コーヒーまとめ

豆から挽くことにより、いつものコーヒータイムも贅沢なものになりそうですね。たったの一杯のコーヒーですが、手をかけてあげるだけで「これが同じコーヒーなの!?」と目を疑うはず。贅沢な時間には、なにも高級なものなんて必要ないのです。ゆったりした時間と、おいしいコーヒーを淹れようと思うその気持ちが、毎日を豊かに彩ってくれることでしょう。

あなただけの特別な一杯を飲んでみませんか??

アンケート+保険相談で
もれなくプレゼントキャンペーン中です!

  • アソビュー