ベリーダンス

ベリーダンス

ベリーダンスというとどんなダンスを想像しますか?

きらびやかな衣装で、お腹を出して踊るセクシーなダンスのようなイメージの方も多いのではないでしょうか。

レストランのショーなどで見たり、最近はスポーツクラブのレッスンやスタジオでのスクールも増えているので、様々な場所で見る機会も増えているかも知れません。

一口にベリーダンスと言っても、衣装も踊りのジャンルも様々なスタイルがあるのです。

そんなベリーダンスをご紹介します!

ベリーダンスってどんなダンス?

ベリーダンス

ベリーダンスの発祥は、中東及びアラブ文化圏内で発展したダンスと言われています。

確かな歴史は定かではありませんが、紀元前の壁画に描かれた女性のダンス像や、ハレムなどで踊られたダンスもベリーダンスの元になるものだそうです。

ベリーダンスと言う名称で広く知られるようになったのは、アメリカに渡ってからで、お腹を動かす特徴的な動きから、ベリー(お腹)ダンスと言われるようになりました。

ベリーダンスの魅力

ベリーダンスの魅力

神秘的なオリエンタルダンス

中東やアラブ文化圏という地域が発祥とされるだけあって、オリエンタルな雰囲気は、セクシーで神秘的な魅力があります。 女性の誰もが憧れるようなしなやかな動きと力強い動きの両方がミックスされたダンスはベリーダンスの特徴でもあります。

普段あまりなじみの薄いオリエンタルな音楽や、タブラッカと呼ばれる楽器を使ったドラムのみの音楽など、その音楽に魅せられてベリーダンスを始める人も多くいます。  

様々なダンススタイル

ベリーダンスと一口に言っても、オリエンタル・トライバル・ジプシー・フュージョンなど様々なスタイルがあります。

オリエンタルダンスは、女性らしい柔らかい動きや小刻みな腰の動きなどは、ベリーダンスの基本となっています。 トライバルやジプシーの踊りは、民族や部族の踊りがもとになっています。

また、最近ではフュージョンスタイルも多く、様々な他のダンスの影響を受けたベリーダンススタイルも多く見られます。

きらびやかな衣装・個性的な衣装

オリエンタルスタイルのベリーダンスで、最初に思い浮かぶのは、沢山スパンコールや装飾がついたセパレーツの衣装です。 お腹を動かすことが特徴的なベリーダンスならではのブラとスカートの衣装は、見ているだけで優雅な気持ちになります。

トライバルやジプシーの衣装は、力強さを強調するような装飾品、大きく広がるスカート、大きな髪飾り、様々な小物を使用したりと、踊りの幅が更に広がります。

ベリーダンスのはじめ方

どこで習う?

ここ数年で、ベリーダンスはフィットネスクラブなどのダンス系プログラムとしても人気があります。 フィットネスとしてのベリーダンス、専門スタジオでの本格的なベリーダンス。どちらも基本の動きは同じようなことをしますので、初心者の方はどちらから始めてもよいでしょう。

舞台や発表会もベリーダンスの楽しみの一つですので、それらがあるようなスクールを選ぶと、よりやる気が出てきますね。  

誰でも出来るのがベリーダンス

ベリーダンスを始めるにあたって、今までの運動経験や身体の柔らかさ、などはあまり関係ありません。 もちろん、ダンス経験のある人の方が振付を覚えたりするのも慣れているかもしれませんが、ベリーダンスの特徴は、身体のパーツの1つ1つを動かして連動していくことです。

体幹をしっかり安定させ、首、手、頭、胸、腰、足などの各部位を動かす特徴的な動きは、練習していけば、少しずつ出来るようになってきます。

用意はヒップスカーフだけ

レッスンに行くときに必要なのは、運動できる服装とヒップスカーフだけです。 ヒップスカーフは、コインがついたスカーフで、腰に巻き、動かすとシャラシャラ鳴ります。 しっかり動いているかな?の目安にもなり、音がすると、とても楽しいものです。

まだ衣装までは着なくても、ヒップスカーフ一つでベリーダンサーの気分になれますよ。

まとめ

ベリーダンスまとめ

痩せてないからお腹なんて出せない!そんな悩みの続けているうちになくなります。 ぽっちゃりしていても、そのお腹のお肉を震わせるのが、ベリーダンスのいいところ。

出したお腹を見て、自分自身に向き合う事で、さらにキレイになっていきましょう!

  • アソビュー