クラリネット

クラリネット

皆さんは、クラリネットをご存知ですか?
黒い縦笛でオーケストラにも使われていると言えば、わかる方は多いかもしれませんね。

最近では、アニメでも吹奏楽部をモチーフとしてものも流行っていて、小学生でも吹くことができる楽器です。カラオケで練習している人や、地域の吹奏楽団で趣味として楽しんでいる人も多くいらっしゃいます。

持ち運びも便利で、1台でメロディが奏でられる、主役にもなる楽器、クラリネットで楽器デビューしてみませんか?

そんなクラリネットを趣味として楽しもうという人へ、魅力と始め方をご紹介します!

クラリネットってどんな楽器?

クラリネットとは

リコーダーのような縦笛のクラリネット。木管楽器と呼ばれていて、リードという薄い木を用いて、それを吹いた振動が管に伝わって音がでる仕組みになっています。

木でできているものもあれば、プラスチックでできているものもあります。プラスチックのものは比較的安価で、湿度に影響されにくいという利点もあるので初心者にはオススメです。

クラリネットのでる音域、大きさによって種類が分かれています。
ソプラニーノやアルト、バスクラリネットなどがありますが、一般的に「クラリネット」と言うと、「ソプラノクラリネット」というB♭管のものをさします。

分解して持ち運ぶことができるので、鞄にすっぽりと入る大きさにまで小さくすることができ、仕事帰りにもこっそり練習できます。

クラリネットの魅力

クラリネットを演奏

ソロで目立つ!

ドラムやベースをやっている人からよく、「主役がいないので、練習がむずかしい」という話を耳にします。 でも、クラリネットは主役にもなる楽器。一人でも自由にメロディを吹くとストレス解消にもなります。

「星に願いを」「ホールニューワールド」などはテンポも自由に変えてみても楽しく演奏できそうですね。

仲間と演奏して楽しむ

吹奏楽やオーケストラなどでもよく見かけるクラリネット。1つの曲中でソロパートもあれば、低音でベースの役割を果たすこともできます。

「情熱大陸」やテレビや映画でも有名になった「あまちゃんオープニングテーマ曲」、「sing, sing, sing!!」の楽譜や、クラリネット4重奏では「故郷」やディズニーの「My Favorite Things」なども楽譜がでているのでオススメです。

吹奏楽団などで楽器仲間が増えれば、モチベーションも上がりますし、お互いの楽器のこともよく知れて音楽が更に楽しくなりますよ。

個人練習はカラオケでも

クラリネットであれば、カラオケで練習することができます。防音設備も整っていますし、ドリンクもついていて快適ですね。

童謡や唱歌、ポップスなどであれば、カラオケで曲をセットして、メロディと一緒に演奏することも楽しみの一つです。 曲のキーやテンポも変えることができるので、自分好みに練習できてオススメです。

海や山が近くにあれば、そこでおもいっきり練習するのも気分がよくて楽しいかもしれないですね!

クラリネットのはじめ方

クラリネットと楽譜

音を出すには?

まずは音を出さないと楽しくないですよね?音の出る仕組みがわかっていると、意外と鳴らしやすです。

マウスピースについているリードを振動させることができれば、すぐに音は鳴ります。 口の形が特徴的なので、教則本やインターネット動画を見て真似してみましょう。

運指を覚えてしまえば、あとはいい音の追求です。最初は口元が疲れると思うので、休み休みやってみてください。

しかし、中には音を出すことが難しいという人もいると思います。教わるのであれば、音楽教室や楽器屋さんの講座で教えてくれるところも多いです。先生と2重奏をすることも楽しみの一つですよ。

クラリネットを手に入れよう

クラリネットの素材によって、以下のような特徴があります。どちらが自分に向いているか検討してみてください。

木製

深い音が出るが、湿度に影響されやすい。甲子園など外の演奏には不向き。

プラスチック製

音はそこそこ、扱いやすく、湿度に影響されにくい。

価格はどちらも 15,000円程度から揃えることができますが、中古でもよいという方は 10,000円以下でも購入できると思います。

その他に必要なものは?

予備のリードがあると良いですね。 リードはたくさん種類があるので悩むと思いますが、厚みと硬さで選ぶことをオススメします。 同じ箱のものでも音が違ったり、使っているうちに割れたりするので、10本入りのものがお得です。 2,000円くらいから買うことができます。

厚みがある方が高音になっても音が安定するのですが、初心者は音を出しやすい2番〜2番半で徐々に慣れていくことをオススメします。音を出せた方が楽しいですものね!

その他にも、チューナーや譜面台があると便利です。

まとめ

音を楽しむことが魅力だという人も入れば、仲間を作ってわいわい演奏、時には飲み会も。 という人も、本格的にオーケストラの一員に入りたい!という人もいると思います。

クラリネットは人の心を豊かにしてくれます。持ち運びも便利、気軽に始められるクラリネット。 そんなクラリネットで楽器デビューをしてみませんか?

  • アソビュー