私だけの香りブレンド石けん

私だけの香りブレンド石けん

色々なボディソープや石けんを使ってもアトピー肌のせいか、いつもカサカサして肌が落ち着かない状態でした。しっとりするボディソープを使うと、洗い上がりがヌルヌルして気持ちが悪い、そして、洗い上がりがさっぱりな石けんを使うと、肌の脂分が取れてしまうみたいで、すぐに白くカサカサになってしまう。

しかも、香りもいまいちピンとくるものがなくて、そんな時自分で石けんを作れるサイトを発見!それは、アロマの香りを入れて作る石けんでした。

そのサイトに載っていた石けんの透明な感じがとても美しくて、これなら、自分で好きな香りを入れて作れるかもと思ったのがきっかけです。

大満足の石けんができました

まずは、サイトに載っている作り方をみながら、石けんを作るのに必要なものを購入しました。

石けんのもとは、石けん素地とグリセリンソープを、香りは、石けん作り用のフレグランスオイルを3種類と精油3種類を購入。そして、かわいい形の石けん型です。石けん素地は、購入してみたら白く透明ではなかったのでちょっとがっかり。

それでも、お湯でのばして、最初はフレグランスオイルを入れて作成。形は型に押し込んで乾いてから取り出しました。使い心地は、さっぱりの洗い上がりでまあまあでしたが、フレグランスオイルが合わないのか使い続けるとかゆくなってしまいました。

グリセリンソープは、小さく切って、電子レンジで溶かし、今度は精油を1つに1種類入れて、3個の精油入り石けんを作りました。これがすっごく泡立ちがよくて、香りもふわーっとやわらかで、しかも、使い続けても肌がかゆくならない。大満足のせっけんを作ることができました。

透明でキレイ、好きな香りも!

自分で石けんを作るようになってから、アトピーが出にくくなりました。最初は、ちょっと怖いので体だけ使っていましたが、今は、クレンジング用と洗顔用も別に作って使っています。

なにより、透明でキレイです。見ていてもうっとりするくらい、使う前はしばらく部屋に置いてながめたりしています。そして、自分の好きな香りをつけられるところが最高です。私は、オレンジが大好きなので、オレンジやレモングラスの香りをよく使います。

夏は、シャワーだけでもさっぱりできるように、ペパーミントを使ったりと、その日の気分で選べるのも楽しいです。友人にもバラの型に入れた石けんをプレゼントしたらとっても喜んでくれました。

色んな石けん作りに挑戦します

精油1種類しかいつも入れないので、何種類か混ぜたのを作ってみたいです。 色々なアロマのサイトを見ると、有名な香水のレシピが載っていたり、お勧めの香りの混ぜ方レシピが載っているので、それを参考に作ってみようと思います。

そのためには、精油をもっと集めないといけないので、今は少しずつ集めているところです。そして、石けんに色もつけたいと思っています。 最初は、1色で、慣れて来たら、宝石みたいに何種類かの色を重ねて作っていきたいです。

さらに、先日、石けん専門店にいったら、柔らかくてはずむ石けんが売っていました。 どうやって作っているのかなぞですが、研究して自分でも作ってみたいと思います。そして、もっと上手になったら、友人を集めてキラキラ手作り石けん講座をやってみたいです。

石けん作りのコツ

グリセリンソープは、3年前まではそんなに高くなかったのですが、ここ最近とても高くなりました。電子レンジで溶かして液状にしてから精油を入れて混ぜるのですが、うっかりすると、すぐに熱くなって噴き出してしまいます。熱くなりすぎると上手く固まらないこともあるので10秒くらいずつ、様子をみるのが良いようです。

そして、色を入れる時は、パウダーをそのまま入れると上手く色が入らないので薬局で売っているグリセリンに溶かすのがよいです。そうすると、思った色がきれいに再現できます。一番、気をつけなくてはいけないのが、香りです。作っている時はすごく強く感じても、乾くとその1/3くらいになってしまうので、香り飛んでしまうことも考えながら作るのが好きな香りのバスタイムを満喫する一番のポイントです。

もっと見る

  • アソビュー