部屋を片付けてリラックス!

部屋を片付けてリラックス!

私は10年ほど前に一戸建ての建売住宅を購入。 当時は痴呆症の母親と、父の3人で生活していました。

母はその後入院して他界しました。母の介護があるうちはインテリアなどに心を傾ける余裕もなく、 とりあえず暮らせれば良い、という気持ちでした。

当時猫も飼っていましたが、この猫も高齢になり幸せな生涯を終えました。 猫の爪痕などもあちこちにあり、家自体を片付けよう!と思ったのは、父と私の二人の生活が始まってからでした。

どうやって始めたか?

50歳をすぎて長年勤務した会社を早期退職。それと同時に不要なもの、不要な洋服など大量にでてきました。1年間、会社にも縛られない時間があったので、この期間に片づけよう!と思いました。

まず、これから多分使わないもの、3年以上着ていない洋服、不要な食器、不要な布団など。。。

家具も引っ越し前から使用しているものなど、かなり使用したものもあり、これは思い切って捨てる、そうしないと多分片付かない、と思いました。 家はまだ全然新しいのでエクセルで捨てるもの(業者にひきとってもらうもの)、売れるもの、自分で処分するもの、ヤフ-オ-クションで売れそうなもの、などをリストアップして計画的に初めていきました。 ほぼすべての家具を買い替え、必要最小限の物だけを残すようにしました。

内装も全部やりなおして、部屋ごとに自分の理想のイメ-ジを作り、スイッチカバ-に至るまで全部構想を練ってみました。

良かったこと

毎日沢山の業者が入れ代わり立ち代わり家の内部を新しくしていき、最後にはすべての家具がなくなり、新しい家具がくる前の晩はなんだか気持ちまでスッキリしたのを覚えています。毎日過ごす場所を、気持ちよく変えるだけで、こんなにも会社から家に帰るのが楽しくなるのかと。。。。

私はミニマリストでは決してない、と思いますが、やはり日本人ってものを持ち過ぎ?のような気がします。いつか使うだろう、と思ってとっておいても意外と使わない、ことがほとんどのような。

すべてを片付けて趣味の部屋を作りました。ここはシアタ-ル-ム。テレビも50型以上の大画面にして、ここでは趣味のアーティストのライブ映像や洋画などを楽しんでいます。不思議とこのリラックスできる時間って、かなりの満足感を自分に与えているんだなと思えるようになりました。

これからしたいこと

この片づけでは、リビング、洋室3部屋を綺麗にしました。

これからもし金額的に折り合えば、バスル-ムを完全にやり直したいと思います。家の片づけってやりたい、と思ったときにやらないと意外とそのまま終わってしまうきがします。

片づけて思ったこと

年齢と共に、ライフスタイルもかなり変わるんだ。。。と改めて思ったこと。

たとえばお客様用の布団。。。これからだれか家に呼ぶことがあるのか?同じくお客様用の食器。こんなに大量に食器を同時に使うことがあるのか?いろいろ考えて片づけていきました。食器はヤフオクで売ったら15万円位にはなりました。そうゆう視点で考えると、自分はもういらなくてももしかしたら安く欲しい人もいるかも。

洋服やバックなど、捨てるなら100円でもいいからとヤフオクに出してみました。多分この片づけで総額50万円位にはなったと思います。あと古本は大型古本書店へ。これはダンボールに詰めるだけで、取りに来てくれるので本当に便利。

無駄なものを捨てると本当に部屋が広く感じます。 そして自分をリラックスさせる時間ってお金には代えがたい大事な事だと。

まず身の回りからちょっとずつ片づけていくことです。 時間の制約がなければ焦ることはありません。 私は6か月位かけて行いました。

自分の予算と時間で出来る範囲のお片づけを!

もっと見る

  • アソビュー