最初は全く興味がなかった高校野球

最初は全く興味がなかった高校野球

結婚した夫がプロ野球も高校野球も好きな人で、プロ野球は一緒に見ていましたが、高校野球は最初は夫が一人で見て楽しんでいれば良いと思っていました。

そもそも私はプロ野球派だったので、素人の、しかも学生の野球なんてと最初は思っていたからです。

その夫が、どこの学校が過去どうだったかとか、今年はどこの学校が注目されていて、どの選手が凄いかとか、熱弁をふるって話すのが最初は全くわかりませんでした。

高校野球に興味がなかったはずが・・・

我が家に一台しかないテレビ。入ってくる音はやっぱり気になるもので、家事をしながら時々一緒に高校野球を見るようになりました。

そして、一度見た学校はその後が気になってしまい、次第に夫がいない時でも一人でテレビ観戦するようになりました。

各学校の予備知識は新聞やインターネットの記事、テレビ番組等で情報収集し、夫と情報交換をするようになりました。今では夫より私の方が知っている情報が多いほどです。

共通の趣味が増えました

一番良かったのは夫との共通の趣味が増えたこと。その他にはやっぱり人との会話の範囲が増えたことでしょうか。義父もプロ野球・高校野球ともに好きな人なので、共通の話題が増え、より一層話すことが増え、家族の会話が増えました。

もちろん、家族以外の友人や知人との話題になることも多く、今までは完全に聞き手だったのが今では会話の中心にいることが多くなりました。

甲子園に行きたい!

今年出産して、今は育児真っ最中ですが、育児が落ち着いたら一度は甲子園に足を運んで高校野球を見に行きたいと思います。

子供は女の子ですが、私のようにスポーツ好きな子になってほしいので、子供を連れて親子で甲子園に観戦に行くことが夢です。親子で共通の趣味を持てるというのも素敵だと思いませんか?

高校野球にはドラマがある

とはよく言うものの、興味を持つまでは「ふ~ん」としか思っていませんでした。でも、実際に甲子園に来るまでの道のりでドラマがあったり、試合中にドラマがあったりと見ていても飽きないスポーツです。プロ野球とはまた一味違う、学生だから、アマチュアだから起こるエラーやハプニングや逆転劇があって見ていて飽きません。

今年の夏は夫の実家で家族全員で高校野球を見ている間に、ゲリラ雷雨で停電になり、そのまま終わる試合だと思っていたのに、停電が復旧してテレビをつけたら逆転されて試合が終わっていた、なんてこともありました。

毎年違う学校が出てきて様々なドラマが起こる、一生懸命頑張っている高校球児たちに陰ながらエールを送る、人それぞれの楽しみ方があると思いますが、来年以降も私は高校野球を応援していきたいです。

もっと見る

  • アソビュー