オリジナルのラッピングが楽しい!

オリジナルのラッピングが楽しい!

きっかけは、百貨店勤務の時

新入社員で入った会社が百貨店に入っているアパレル系の会社でした。

クリスマスやイベント事の時に、ラッピング研修というのがありました。 ラッピングペーパーで箱を包む方法や、リボンのかけ方、シールの貼り方を教えてくれます。 マニュアルなんかもあって、結構丁寧に教えてくれるのですが。

これが結構難しい!!特にリボン掛けは、ラッピングペーパーでツルツルすべっちゃってなかなか上手くできませんでした・・。

元々負けず嫌いなこともあり、仕事でもできないとまずかったので、猛練習することにしました。

安い材料で、空いている時間に

ラッピング用品て割とどこにでも売っていますよね?ロフトとかハンズとか。 でも、高いお金を払って練習するのは嫌だったので、100円均一でラッピングペーパーやリボンを購入しました。

仕事の空いている時間や、家に帰ってから、箱をラッピングしてみたり、リボンをかけてみたり。 成功するまで同じ材料で練習しました。貧乏性なので(笑)

何回かやると、箱を包むときのコツもつかめますし、リボンもいろんなパターンでかけられるようになります。 ラッピングペーパーで初めて包むなら、キャラメル包みが簡単でいいかと思います。

ちょっとしたプレゼントにも

ラッピングペーパーで包むのも、リボンをかけるのも、途中をシールで止めてしまえば固定できるのでやりやすいです。 初めて自分でやる方にはおススメのやり方です。

ラッピングを自分でやるようになってからは、100円均一や300円均一で材料を買ったり、まとめてネットで購入したりしているのですが。

たとえばちょっとしたお菓子をあげたいとか、ソープ1個だけを上げたいとかの時に、自分でラッピングして渡すようにしています。 ちょっとしたひと手間で、すごく喜ばれますよ!

普段にも、仕事にも

自分でラッピングをするようになってからは、誰かにあげるプレゼントにはだいたい自分でラッピングしています。 季節やあげたい人に合わせて、ラッピングを選ぶのもすごく楽しいです。 もちろん、お店のロゴやパッケージがかわいいお店ではお店の方にラッピングしてもらいますが。

たとえば「ネットで大量に安く仕入れたチョコを、会社の人に渡したい」なんて時には、自分でラッピングするだけで高いものに見えたりするのでとても便利です。

最近では、自分で作ったハンドメイド商品をネットで販売したりしているので、購入してもらったものに自分でラッピングしてお渡し出来たらなと思っています。

リボン結びができれば大丈夫!

細かい作業が苦手、不器用だから・・・。という方でも、何回か練習すればすぐにできると思います。

リボン結びって、靴ひもだったり制服のリボンだったりで、一回はやったことある人が多いかと思います。 ラッピングペーパーが難しそうでチャレンジしずらいなら、袋状のラッピングバッグがおススメです。 リボン結びさえ出来れば、ちょっとした物を可愛くラッピングできちゃいますよ。

材料も高いものでなくても、たとえばリボンを2重がけにするとか、ピック(フルーツとかのさすタイプのもの)を添えるだけで、ちょっと高級でかわいく仕上がります。ぜひ試してみてください。

もっと見る

  • アソビュー