大人のレゴ

大人のレゴ

赤・青・黄・緑・・・カラフルなボディに丸いポッチのレゴブロック。
誰もが一度は夢中になって遊んだことがあるのではないでしょうか?

「ウチはなかなか買ってくれなかったけど、友達ん家で遊んだ記憶がある」
「デパートのプレイコーナーから離れなかったなぁ」
「散らかしたレゴを踏んづけると痛かったよね!」

など、レゴあるあるで盛り上がることもしばしば……。 子ども向け知育玩具のイメージのあるレゴですが、その変わらぬ魅力に、大人になって再びハマる人たちが続出しているのです。

レゴについて

レゴについて

レゴの魅力

まずは『ブロックを組み立てる』という単純明快なシステム、その中に無限の可能性があるという事でしょう。見本通りに作るもよし、アレンジするもよし、違うセットと組み合わせるもよし、といった自由度の高さが魅力といえるでしょう。

またシンプルでかわいいデザインは、キャラクターグッズとしての人気も高く、レゴをモチーフとした雑貨、アパレルなどは老若男女に大人気です。

レゴの歴史

レゴ社は1932年にデンマークで創立されました。当時は木製玩具などを作っており、現在の形のブロックは1958年に発売されました。その後、現在までに130か国以上の国で愛されています。

レゴの種類

『レゴ』と言っても、実は対象年齢別にサイズが分かれているのはご存知でしょうか?
デュプロシリーズは主に就学前幼児向けの大きめサイズのブロックで、レゴブロックとは互換性があります。

従来のレゴブロックにも男子向け、女子向けなどのさまざまなラインナップがあります。その中からいくつか大人向けのシリーズをご紹介いたします。

大人にオススメのシリーズは?

レゴクラシック

基本ブロック+窓や扉、車輪などの特殊パーツのセットです。まずはいろいろ作ってみたい方にオススメ。創作のヒントになるアイデアブック付き。

クリエイターシリーズ

建物や乗り物、動物など様々なモデルがあり、気に入ったものを選べます。スタイリッシュなデザインなので、出来上がった作品はインテリアとしてお部屋に飾っても素敵ですよ。

スターウォーズシリーズ

これぞオトナのコレクターズアイテムといった感じ!ブロックとあなどるなかれ、バトルシップなどの再現性は見事なものです。

ミニフィグと呼ばれるレゴ人形も、おなじみのキャラクターが勢ぞろいで並べるだけでも楽しいです。 スターウォーズ好きの人へのプレゼントにしてもお洒落ですね。

レゴのはじめ方

レゴについて

レゴを手に入れよう!

新品のレゴはトイザらスなどの玩具専門店、ヨドバシカメラなどの家電量販店、デパートのおもちゃ売り場など、あらゆる場所で売っています。

その他にクリックブリックというレゴ専門店もあります。アウトレットにも良く出店しているので、行くことがあれば注目してみてください。

意外な穴場はフリーマーケット!中古のバラブロックが売られていることもあるみたいですよ。

あるいは実家の物置をゴソゴソ漁ってみたら…幼き日のあのブロックに再会するかも?!もちろんブロックの規格は昔も今も同じなので、現行品と一緒に組み立てることも可能です。

予算はどのくらい?

あの頃買えなかった分、大人買いしてやるー!と売り場に向かったはいいけれど、あれ?やっぱりお高いかも…?!

そう、レゴはいまだに『高級玩具』なのです。巨大なセットなどは数万円するものも!

でも安心してください、お手軽なセットもあります。上記でお勧めしたクラシックシリーズなら2,000円台から、クリエイターシリーズでも3,000~4,000円台で充分遊べます。

大人のレゴ教室

図面通りに組み立てるのも少し飽きた、何かオリジナルのものを作ってみたい、でもどうしていいのかわからない・・・

そんな方にお勧めなのが「大人のレゴ教室」です。場所は東京・お台場のレゴランド・ディスカバリー・センター東京にて、月1回程度のペースで開催されています。毎回大人気のイベントなので、情報チェックはお早めに!

大阪・天保山のレゴランド・ディスカバリー・センター大阪でも月に一回「大人のレゴナイト」を開催しています。こちらは教室ではありませんが、イベント内容によっては組み立て指導もあるようです。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京へ行こう!

大人も子供も一緒に楽しめるレゴブロック屋内型アトラクションです。

巨大ジオラマや「4Dシネマ」などの充実のアトラクションもあって、家族みんなで楽しめます!

  • アソビュー