競馬の魅力を格段にアップさせた万馬券的中

競馬の魅力を格段にアップさせた万馬券的中

私が競馬を始めたのは25年くらい前になります。当時、世の中はバブルがはじけた直後でしたが、若手天才騎手武豊の大活躍やスターホースオグリキャップの出現で競馬人気は高まっていました。

私もこのブームに乗り、友人にすすめられて大学時代に秋の天皇賞を買ったのが競馬との出会いでした。しかも始めて買った馬券が的中し、1000円で35倍の馬券を的中したのです。

始めての的中で競馬の楽しみ方を知りました

運よく最初の馬券が的中した私は、この時から強い馬が負けるレースを見つけることが競馬の楽しみ方だと知るようになりました。

私に競馬を教えてくれた友人は「強い馬が順当に勝つのが好き」というタイプで、人気馬が負けると渋い顔をしていましたが、私は強い馬や1番人気馬が危ないレースを見極める推理の楽しみにハマっていったのです。

競馬を始めて2年後についに万馬券的中!

現在は三連複や三連単の馬券も登場し、万馬券出現は珍しくなくなりましたが、私が競馬を始めた当初はやっと馬連が発売された時代で、万馬券は平均すると1日に1回か2回程度しか出現しませんでした。

従って多くの競馬ファンが万馬券を獲ることを夢見ていたわけですが、私は競馬を始めて2年後に始めて万馬券を獲ることが出来ました。馬連で軸にした馬からの3点流しで101.4倍の配当の馬券をゲットしたのです。

11番人気馬が勝っての的中でしたが、その馬をわずか3連の買い目に入れていた自分の馬券推理に容姿れた思い出があります。

万馬券は何度でも当てたい

三連複や三連単が出現して万馬券の価値は落ちたと思われがちですが、私はそうは感じていません。頻繁に出現するといっても的中させることは簡単ではありません。

また、少ない点数で自分で納得の推理をして大きな配当を当てることが競馬の醍醐味だと私は感じています。幸いに馬券は100円単位から買えますし、情報もスポーツならば140円程度出せば入手出来るため、少ない資金で参加できる点もパチンコなどにはない魅力と思っています。

従って私は生涯にわたって万馬券的中にこだわるつもりです。

競馬をすればカンが養えますよ!

競馬に注目していると、何が起こるか分からない楽しみも体感できます。断然の人気馬が敗因不明で負けることもしばしばで、そういった気配を感じる感受性も徐々に身についてきます。

もちろん勝負事ですので自分が感じたことが100パーセント当たるわけではありませんが、長く競馬を見ていると、時に自分だけが感じる鋭い予想もすることが出来ます。

しかもそれがまんまと的中することもあり、こうやって磨かれたカンが、実生活や仕事で生きてくることもあります。

もっと見る

  • アソビュー