行政書士

行政書士

「行政書士」という資格はご存知ですか?なんだか難しそうな資格ですね。 行政書士は「街の法律家」とも言われているんですよ。

事業を始めたい、お店を開きたいというときには必ず書類の作成や申請が必要になってきます。 そのような人たちの手続きやサポートをするのが行政書士のお仕事。

法律の知識があることで就職が有利になったり、ビジネスにも結び付けやすく独立開業をする道もあったりと、たくさんのメリットがある行政書士についてご紹介します。

行政書士について

金銭消費貸借契約書

行政書士ってどんな資格?

官公庁に提出する書類を本人に代わって作成することができる国家資格者のことです。 司法書士など他の士業の同線業務を侵さない限り、あらゆる書類を作成することができます。

万一、自分の周りでなにかトラブルがあった時に役立つこともあるので、持っていて損はない資格の一つです。   

どんな試験内藤なの?

試験科目は憲法や民法、行政法などの法令と一般知識を問われるものの2つがあります。試験は年に1回、毎年11月の第2日曜日に行われています。

人気のヒミツは?

行政書士の資格は、持っていれば昇進、昇給、転職、独立開業に有効に働き、定年後の生活設計に役立つことから学生から社会人、主婦にも人気です。

最近では、専門学校やビジネススクールに行政書士資格取得のためのコースができるなど、誰でも勉強しようと思えばできるようになりました。

行政書士の魅力

行政書士

法律の知識が身につく

法律は私たちの生活とは切っても切り離せないものです。

例えば、会社の取引関係でのトラブル、親戚の相続問題、住んでいる家やマンションの問題、退職や転職をする際の会社との関係など…法律がかかわってくる場面はたくさんあります。

そういった問題が生じた時にあなたに法律の知識があれば解決とまではいかなくとも、正しい方向へ持ち込むことができます。

幅広い活躍の場がある

行政書士は国家資格の中でも非常に人気が高く、業務範囲の広さもあり持っていればそれなりに「食える資格」として重宝されています。

幅広い業務内容といえど、この職業でないとダメと法律で定められている「独占業務」を侵して仕事をすることはできません。 例えば、税金関係の書類を官公庁に提出するのは税理士でないとダメというような決まりがあります。

しかし、世の中には許認可が必要になる場面が多くあります。 独立開業をするときや家を建てる時、お役所に提出する契約書や許可書の制作など、活躍の場は広いのです。

就職や転職に有利

行政書士の資格は就職活動や転職の時にも役に立ちます。

面接時、履歴書に行政書士と書いてあれば、難関資格を突破できるだけの力を持っていることの証明にもなり、自分のポテンシャルの高さをアピールすることができます。

また行政書士の仕事内容は幅広く、新しい業務を開拓できる自由度高いので、世の中がどのように変わっても常に将来性があります。

行政書士を取得しよう!

行政書士を取得しよう

ビジネススクールや専門学校など通学

通学スタイルのメリットはプロの講義を定期的に受講できることや、わからないことがあれば講師に直接疑問をぶつけることも可能です。このように学校側が様々なサポートをしてくれ、受験生は勉強に専念できます。

また、同じ行政書士取得という目標を持った学生が集まるので仲間も見つけやすく励ましあいながら勉強をする環境が整っています。

通学にかかる費用は大体20万円前後です。

独学

独学のメリットとしては、費用が最小限に抑えられることや、教材を用意するだけで今すぐに勉強が始められること、自分のペースで勉強することなどが挙げられます。

また、参考書なども自分に合ったものだけを選んで組合わせることができることも魅力のひとつですね。

まとめ  

行政書士

法律の入門資格とはいえ、合格率は低く難易度が高い資格ですが、ちゃんと勉強していれば十分に合格できます。 また幅広く使える知識が身に付き一生使える資格です。

あなたも行政書士の資格を取得してみませんか?

  • アソビュー