スキー

スキー

実は日本の積雪量は世界でも有名で、パウダースノーを求めて世界各国からたくさんのスキーヤーが訪れます。こんな国、なかなかありません。

スキーを滑っていると粉雪がパーッと舞い上がって、まるで水中を滑っているような無重力感が味わえます。日本で滑るにはシュノーケルが必要、なんてよく冗談で言われるほど。誰もが夢見るパウダー天国に私たちは住んでいるんですよ!

近年はスノーボードが人気になってきていますが、スキーもまだまだ人気のウィンタースポーツ。そのスキーの魅力をご紹介しますね。

様々なスキースタイル

スキージャンプ

スキーというと山のてっぺんから滑り降りてくるだけだと思っていませんか? いえいえ、スキーにも様々なスタイルがあるんです。

まずは モーグル 。上村愛子選手の活躍でご存知の方も多いですよね。 コブを滑り下り、さらにコース中に2つのエアーがあります。高い技術力が求められる競技です。

次にフリーライドスキー。 踏み切り台からジャンプして技を決める ビッグエア や、レールやボックスなどを横向きに滑ったりジャンプしたりする ジブ 。 スキーは板が2本あるので技も複雑で見ていてとにかく格好いい。

バックカントリースキー も人気です。もともとは山スキーやスキー登山とも言われていました。自分で山を登り、スキー場のゲレンデではない場所を滑ります。 圧雪されていないので、パウダースノーを思う存分楽しむことができます。

また最近では、 エクストリームスポーツ というものがブームになっています。スキーでもパラシュートをつけて、絶壁から飛び降りたりする映像を見たことのある人も多いのではないでしょうか?

このように、一口にスキーと言っても楽しみ方はたくさんあるんです!

スキーの魅力

蔵王スキー場

始めるのは大変?意外と手軽なスキー

習得するのが難しいと言われるスキーですが、始めるのは比較的簡単なんです。 各足に一本ずつ板を履いているため、スノーボードに比べると安定していて歩きやすくなっています。 いつも進行方向を向いているのも安心ですね。

ほとんどの方は、半日もあれば立ち上がってなんとなく真っすぐ滑り下りて来られるようになるでしょう。 すぐに滑れるようになるのは嬉しいですね!

上手になってきたらこんな達成感が!

スキーは滑れば滑るだけ上手になります。思い通りに滑れるようになってくると達成感が味わえます。

技術が高くなると安全に止まれるようになるので、スピードを出して滑れるようになります。 板が反発してくる感覚や体を雪面近くに倒せるようになると更に楽しさが増しますよ!

また、急なスロープを風を切りながら滑れるようになると、自然と一体になったような爽快感が味わえます。

こんな所にも行けるように!

スキー場で大抵のコースを安心して滑れるようになったら、パウダースノーにチャレンジしたり、バックカントリーに行ったり、モーグルを滑ったりとご自分がお好きなスタイルを選べます。ヘリスキーにだって行けちゃいますよ!スキーはいつも正面を向いて滑っているので、狭い木と木の間に入っていくことだってできます。

自分だけの秘密のスロープを見つけられるかもしれません。冒険心がくすぐられますね。

スキーのはじめ方

スキーのはじめ方

レッスンを受けてみよう!

初めての方は、スキースクールに入るのが一番安全で早く学べると思います。 レッスン形態はスキースクールによって異なりますが、一日レッスン、半日レッスン。またグループレッスン、プライベートレッスンなどがあります。 半日くらいのグループレッスンで約15,000円です。行きたいスキー場のウェブサイトで確認してみましょう。

レッスンの進め方

インストラクターが丁寧にスキーやブーツの履き方から教えてくれます。 以下のような流れで教えてもらえます。

  • 片足だけスキーをつけて歩いてみる
  • 両足にスキーをつけて歩いてみる
  • 緩やかなスロープをまっすぐ滑る
  • ハの字で止まる
  • ターンを習う
  • リフトに乗る

リフトに乗って滑り下りて来られるようになると、後はご自分で滑れるようになります。

必要なものと費用は?

以下のものが基本になります。

  • スキー板
  • ストック
  • ブーツ
  • ヘルメット
  • スキーウエア
  • ゴーグル
  • 手袋

スキー場でレンタルできて、1日借りると5,000円程度になります。スキーウエアの下には動きやすい格好で行きましょう。

また、リフト料金も1日券で5,000円くらいのところが多いでしょう。

スキーを体験しよう!

ニセコ

パウダー天国日本に住んでいて、スキーに行かない手はありません!もしまだスキーをしたことがないのであれば、人生に一度くらい味わってみませんか?

経験したことのない感覚を味わうことで、人生が変わるかもしれませんよ。

  • アソビュー