動物園めぐり

動物園めぐり

みなさんは最近動物園へ行きましたか?子供の頃に遠足や両親に連れられて行ったのが最後という方も多いのではないでしょうか。

動物園というと、なんとなく子連れのイメージが強いかもしれません。しかし最近は、旭山動物園のように工夫に満ちた素晴らしい設備を持つ動物園も登場し、大人でも存分に楽しめるレジャースポットとなっています。

また、イケメンマッチョなゴリラのシャパーニも大人気で話題になったりと、動物園にもスターがいるんです!

日本にいながらにして、世界中の貴重な生き物たちと触れ合うことができる動物園。体力づくりも兼ねて、出かけてみませんか?

どんな動物園があるの?

旭山動物園のペンギン

一口に動物園と言っても、様々な形態があります。草食動物だけを飼育しているこぢんまりとした施設から、水族館と一体化した広大な面積を持つものまで様々です。

代表的な動物園について、いくつかご紹介しますね。

サファリパーク

広大な敷地の中で、ライオンやキリン、クマといった動物たちが開放的に飼育されています。その中を自家用車や専用のバスに乗りながら観察ができる動物園です。間近に観察できるので、とても迫力がありスリル満点です!

移動動物園

移動動物園は、公共施設や学校、幼稚園・保育園といったところから依頼を受けて、動物たちを運んで公開する動物園です。 うさぎ、ハムスター、モルモット、ヒヨコといった身近な動物が多く、ふれあいを目的としているところが多いです。

こども動物園

うさぎ、ヒツジ、モルモット、ゾウガメのような小動物が主に飼育されています。そして、それらの動物たちとふれあうことができます。 ポニーに乗ったり、ウサギを抱っこしたり、エサやりをしたりといった体験を通して、子どもが楽しく学べる工夫がされています。

旭山動物園

北海道の旭山動物園は「行動展示」という動物たちの展示方法で話題になりました。以前は暗く狭い檻の中の動物たちをただ見せるだけであったのが、動物たちの普段のなにげない行動を通して、本来あるべき生き生きとした真の姿を見てもらおうとする斬新な展示方法です。

この行動展示が大人気となり、今では各地の動物園がこの方法を取り入れています。

動物園の魅力

象の親子

世界中の動物たちを間近で観察できる

動物園の素晴らしいところは、何と言っても世界中の動物たちを、国内に居ながらにして間近に見られることでしょう。

例えばパンダ。本来なら中国四川省の山奥へ行かなくては見ることができません。おまけにパンダは個体数が少ないため、現地へ行ったからと言って確実に見られる保証もありません。もちろん野生動物をその場で観察することは素晴らしい体験ですが、残念ながら実際はそうそう出会えるものではないのです。現在国内では3つの動物園でパンダを見ることができます。

動物の生態や命の大切さを学べる

目の前で動物を観察することにより、写真や図鑑からは学べないその生態について詳しく知ることができます。食事をする姿や眠る姿など、同じ草食獣でも種類によって異なります。また季節や時間によっても動物たちは様々な姿を見せてくれます。

例えば春になると、たくさんの動物の赤ちゃんが産まれて動物園はにぎやかになります。また冬は冬で雪が降ればホッキョクグマは大喜び。1年を通して動物たちの様々な姿を見ることができます。

低料金で一日楽しめる

じっくり観察しようと思うと、あっという間に半日が過ぎていたりします。歩いて見て回ることになりますので、良い運動にもなります。山や森に面している動物園も多く、森林浴にも最適です。

動物たちに癒されながら、運動不足も解消でき、ダイエットにもなります。天気の良い日にはお弁当をもってピクニックをするのもいいですね。

動物園に出かけよう!

キリン

どこへ行くか?

まずは自分が行きたいと思った動物園へ行ってみましょう。話題の動物園でも、ちょっと気になった動物園でも構いません。最初は自宅から近い方が行きやすいと思います。あまりはりきらず、軽い気持ちでふらっと出かけてみましょう。

必要な道具

動物園めぐりをするのに特別必要な道具はありませんが、真夏など日差しのきつい日は、日傘やサングラスがあると重宝します。また遠くにいる動物を観察するためにも双眼鏡があると便利です。写真が趣味の方はカメラもぜひお持ちください。長時間歩いても疲れないようにウォーキングシューズがお勧めです。

入園料         

動物園の入園料にはばらつきがあります。地方自治体が管理している動物園の中にはかなり安いところもありますが、一方民間のレジャー施設が運営しているような動物園は何千円もするところもあります。サファリパークなどは入園料と、サファリツアーバスの料金が別々のところもありますので、ホームページなどで確認しておくとよいでしょう、

まとめ

イケメンゴリラのシャパーニ

日本はアメリカに次いで2番目にその数が多い、動物園大国です。お財布にも優しく、ダイエットにもなり、また最上の癒しが得られる動物園。これほど身近にあるにもかかわらず、幼い頃に行ったきりではちょっともったいないですね。

今度の週末、あなたも動物園へでかけてみませんか?

  • アソビュー