温泉

温泉

温泉と聞くとイメージとしては地中からお湯が噴き出ている。もちろんそうなんですが、お湯だけではないんですよ。冷たい温泉もあるんです。

そして温泉と言えば何より露天風呂ですよね。今は老若男女問わず、人気があります。特に気になるのが効果!女性ならやはり肌がスベスベになる方がいいですよね。

温泉の泉質によっても効果が違ってくるんですよ。今は多種多用な温泉があり、洞窟風呂や家族風呂、寝湯など楽しい趣向を凝らしています。

温泉の種類

温泉の種類

温泉は濁り湯から無色透明、硫黄の香り、酸性やアルカリ性などなど様々です。温泉に入ってる実感がより湧くのは硫黄の香りの温泉や濁り湯ではないでしょうか?しかし、温泉の泉質も様々ですが、入る方の肌の質も様々です。ご自身の肌は弱くないかなどを考慮しなければなりませんね。

例えば、九州の黒川温泉は硫黄性温泉は少しです。意外ですが、隣同士の温泉施設や旅館でも出る温泉の泉質違うんですよ。不思議ですよね。

中には「湯治場」と言って江戸時代などから皮膚の病気や怪我などの治療に用いられている温泉もあります。そういった温泉はとても歴史があり建物も風情がありますよ。温泉だけでなく建物にも感動しますね。

温泉の楽しみ

蒸気を使っての蒸し料理です。お肉は余分な脂を落とし、とても柔らかくなりヘルシーに仕上がります。温泉玉子もお家でする湯で卵よりも香りがグッと良くなります。

立ち寄り湯でも蒸し器を無料で貸し出してくれる旅館もありますよ。

ここ最近では温泉街は浴衣を貸してくれたり、お祭りであったりと観光協会が力を入れて楽しませてくれます。一度いらしてはみませんか?

温泉のはじめ方

温泉のはじめ方

温泉だけで考えると単独で行かれた方が自由がききますよね。多少なりとは交通費がかかりますが、ツアーであると時間に制限がある事や気遣いもしてしまう事が多いかもしれません。

一番はまずはどこの温泉へ行きたいかが大切ですね。自宅から近ければ車で簡単に行くことができ、遠ければ飛行機、新幹線などになります。

観光地によってはコンシェルジェがいてあなたの旅行を計画してくれるんですよ。旅行の計画を考えられるのが苦手であれば試してみるのも一つの手ですね。

近場であれば1万円ほどで済みますが、遠ければやはりそれなりにかかってきますね。

たまには温泉でゆっくり贅沢に過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

  • アソビュー