バレエ鑑賞

バレエ鑑賞

バレエとは、歌やセリフを伴わない踊りによる舞台芸術で、大きく分けて「クラシック・バレエ」と「モダン・バレエ」があります。

一般的に、「バレエ」と聞いて思い描く衣装を着て、トウシューズで踊るものは、「クラシック・バレエ」と呼ばれるものです。

バレエは世界が違いそうで…と思うかもしれませんが、バレエの曲は、CM等でも使われているので、実は聞いたことがあるバレエの曲も多いかもしれません。

バレエについて

バレエについて

バレエの楽しみ方

バレエには「バレエを鑑賞すること」と「バレエを踊ること」の2つの楽しみ方があります。 一度バレエを鑑賞すれば、その美しい世界に魅了され、「もう一度見たい!」、もしくは、「自分もやってみたい!」となるでしょう。

バレエにはストーリーがあるものが多いので、鑑賞前に、ストーリーを頭に入れておくと、更に楽しめると思います。

まず簡単に見てみたいという方は、バレエの映像はインターネットでも沢山見ることができます。熊やネズミの着ぐるみで踊っている映像などもあり、探すと意外と面白い映像もあることに驚くのではないでしょうか。

有名な演目は?

クラシック・バレエ:「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」など

モダン・バレエ:「ボレロ」「春の祭典」「牧神の午後」など

バレエのはじめ方

バレエについて

バレエは子どもの頃からはじめないと踊れないのでは?

バレエは、大人になってからも始めることができます。バレエ教室のホームページなどで、大人の初心者クラスを探してください。見学や体験レッスンをしてみれば、その楽しさを体感できるでしょう。

バレエの動きはゆっくりとしたものも多いですが、普段使わない筋肉を使うので、 冬でも汗をかくほどです。激しい動きは少ないですが、筋肉痛になるほどの、良い運動になります(個人差があります)。

バレエにかかる費用は??

【鑑賞する場合】

バレエ鑑賞にかかる費用は、バレエ団の大きさや、席の良さによって値段が大きく異なります。日本の有名なバレエ団の舞台でも、安い席では1万円以下の席もあります。 同じ規模の劇場で上映されるミュージカルや演劇などと、料金はそれほど変わりません。

【バレエを踊る場合】

レッスンにかかる費用は、そのバレエ教室によって、値段は様々です。私が大人になってから通ったバレエ教室は、1レッスン3000円程度でした。練習着やシューズはレンタルがある教室もあるようです。 私が、レオタード・タイツ・シューズを揃えた時は1万円位だったと思います。練習着も、教室によって異なるので、確認が必要です。

アンケート+保険相談で
もれなくプレゼントキャンペーン中です!

  • アソビュー