子ども服作り

子ども服作り

子どものお洋服、どこで購入していますか?価格や着心地、デザインに満足していますか?難しいと思われがちな子ども服作りですが、材料さえ揃えて手順を踏めば、初心者さんでも意外と簡単にできるデザインも沢山ありますよ!

手芸屋さんに行って、子どもと一緒に生地を選んでみましょう。お気に入りの生地で作ると、親子共にお洋服に愛着がわくのも子ども服作りの魅力の一つ。また、一枚の生地から作品が出来上がった時の喜びも大きいですよ。

子ども服作りの魅力

子ども甚平

どんな子ども服が作れるの?

一言で子ども服といっても生地の種類や型紙で、出来る物もそれぞれ。初心者さんには伸びにくい布帛生地と呼ばれる布がおススメです。布帛生地はワイシャツやワンピース、ズボンやスカートなど、幅広い用途に使用されています。逆にTシャツやトレーナーなどに使用されるニット地のように伸びやすいものを使うと、子どもが着脱しやすいというメリットはありますが、普通のミシンでは縫うのにかなりのコツが入ります。スカートやズボンは手順も少なく、比較的簡単に作れますよ。

オンリーワンのお洋服

何と言っても最大の魅力は、一点ものだということ。同じ型紙を使用して作っても、使う生地や糸の色、ボタンなどの付属品によって、全く違ったデザインになります。それだけに出来るお洋服もあなたや子どもの好みに合わせて自由自在!兄弟や姉妹の子どもたちに同じデザインの服を着させるのもとても可愛いですが、子どもの性格や好みに合わせて生地の模様やボタンの色を変えて作るのも楽しいですよ。

それを仕事にしちゃう人もいる

最初は自分の子どもの服だけを・・・と始めた子ども服作りも、趣味が高じてハンドメイド作家デビューを果たすしっかりママもいます。「ミンネ」や「メルカリ」、自分のブログサイトなどで、自らが考案した型紙や作った子ども服を販売して収入を得ている方も多いです。暖かみのあるハンドメイドならではのデザインは、量産される既製品にはない魅力だと人気も高いのです。

はじめ方

子ども服作りのはじめ方

必要な道具

  • 型紙
  • 裁ちばさみ
  • チャコペン
  • ミシン
  • ボタンやリボンなどの付属品

これらは無料のものもあれば100ショップで手に入るもの、ネットで購入できるものなど様々です。手芸屋さんに行けば一度ですべてが手に入りますが、まずは安く揃えちゃいましょう。最近の100円ショップは驚くほど豊富な材料が手に入りますよ。

材料が揃ったら

あとは型紙の指示通りに布を裁断し、順番にぬっていくだけです。デザインにもよりますが、大体裁断から出来上がりまで2~3時間で出来てしまうものも多いですよ。

これでも難しいと思ったら

型紙通りに布を切るのが難しい、そもそもどの型紙を選んで良いのかもわからない・・と思ったら、元々持っている服をアレンジしちゃいましょう。子どものスカートサイズに合わせて長方形に生地を裁断し、輪っかに縫って、裾処理(三つ折りなど)をしたものを、既製のTシャツにドッキング!Tシャツワンピの出来上がりです。

既製のTシャツやスカートの裾に可愛らしいレースを縫い付けてもガラリと雰囲気が変わって楽しめますよ。

楽しみ方いろいろ

子ども服を作った余り布を使用して、ママのヘアバンド、ポーチやハンカチなど、ハギレで作れるものは沢山あります。お揃いの生地でプチペアルックを楽しめますよ!

まとめ

子ども服作りまとめ

型紙を探して数時間かけて作るものから、十分あれば出来てしまうものまで、様々な魅力あふれる子ども服作り。ママが頑張って作ってくれたお洋服は、子どももきっと気に入ってくれるはず。是非お子さんと一緒に楽しんでみてくださいね。

  • アソビュー