交流を楽しんでいます

交流を楽しんでいます

ブログを始めたきっかけは、ゲームができるSNSの日記機能でした。 もともと私は文章を書くのが好きで、話すより書くほうが気楽に自分の気持ちを表現できたのです。

そのころ結婚退職して時間の余裕があり、でも家事は好きじゃなく手抜きしたくて、テレビゲームを楽しみに過ごしていました。当時は好きなゲームのプレイ日記などを書いていました。

知らない土地で友達もいなかったし旦那は無口だったので、気楽に書けるブログは気持ちの整理に最適でした。

どうやってはじめたか

元々インターネット好きだったので、私用のノートパソコンは旦那が用意してくれていました。

ポイントサイトでポイントを稼ぐためにいろんなサイトに登録していましたので、ゲームのできるSNSもその中の一つだったと思います。 ゲーム中心のサイトでしたが、いつの間にか日記にコメントをもらえるようになって、日記と交流のほうが楽しくなっていました。

そのうちブログというものの存在を知り、開設キャンペーンに興味を持って、育児ブログとして現在のブログを開設しました。

はじめて良かったこと

知り合いからのコメントももちろん嬉しいですが、知らない人からコメントをもらい、お返事のやり取りが続いたりするのがブログの楽しさでした。

また、当時はブログでお小遣い稼ぎができるシステムの会社がたくさんありました。仕事の条件を満たしつつ、いかに自分らしい、読んでくれる人に楽しんでもらえる記事を書くかが楽しみになりました。 まさに趣味と実益を兼ねて楽しむことができたのです。

長く続けるうちに、昔の記事を読み返して、こんなこともあったっけと忘れていたことを懐かしく振り返ることができるのもブログの醍醐味です。

これからも楽しみたい

仕事を持つようになり間が空くことも多くなりましたが、今も私はブログが好きです。

似た状況にある人や共感してくれる人と、情報交換したり励まし合ったり、交流を楽しみたい。 今はネットの普及で個人情報に気をつけなくてはならなくなって、リアルタイムで詳しい日記を書くことが難しくなりましたが。

それでも私のブログで読んだ人が驚いたり嬉しくなったりしてくれたらいいな、と思っています。 相手を特定してのラインやメールにはない思いがけない反応がブログにはあります。

続けるコツなど

更新頻度が少なくなっているので偉そうなことは言えませんが、続けるコツがあるとすれば、 毎日書くことにこだわらないことだと思います。 それと、アクセス数に一喜一憂しない。

好きなように好きなことを書けるのがブログの楽しさです。 読み手のことを考えないのもいただけませんが、顔色を窺うようではブログの楽しさがなくなってしまいます。

コメントがつかなくても、読み手は未来のあなたでもいい。 ブログを書く楽しさを多くの人に知ってもらえたらと思います。

もっと見る

  • アソビュー