フリーマーケット

フリーマーケット

フリーマーケットとは、参加者が自分の使っていたものなどを持ち寄って開催される市場のことで、1979年に日本で初めて開催されました。お祭りやイベントなど人が集まる場で多く開催されていて、賑やかな雰囲気とともに楽しむことができます。

また最近ではインターネット上で商品を出品できるメルカリなども人気です。不用品が思ったより高く売れたりすることもあるので捨ててしまう前にフリーマーケットを活用してお小遣い稼ぎできちゃうかもしれません。

フリーマーケットの魅力

フリーマーケットの魅力

フリーマーケットは売り買いの場である以前にコミュニケーションの場です。普段なら出会うことのなかった人や物に出会えることもフリーマーケットの魅力です。自分にとっては不用品でも誰かが必要としてくれて、お金を出して買ってくれるわけですからこんないいことはありません。

フリーマーケットは各地で行われていますが、お天気などを考えると屋内で行われているフリーマーケットがおすすめです。

フリーマーケットのはじめ方

フリーマーケットのはじめ方

フリーマーケット情報をチェック

インターネットでフリーマーケットと検索すると、全国のフリーマーケット開催情報が見られます。出店に向けてある程度商品を集めたり値段も決めて付けておくといいですね。出店にかかる費用は場所や規模によって様々ですが、無料で出店できるフリーマーケットもあります。

フリマアプリなどは登録料や出品は無料で商品が売れた場合、その金額に応じて取引手数料が発生するのが特徴です。出品する時間や出品数など決まりがなく、いつでも気軽に始められますし初心者にはおすすめです。

まずはフリーマーケットに出品できそうなアイテムに目星をつけましょう。

値段をつける

それから、その商品がよく売れそうな会場を選びます。フリーマーケットでの値段設定のは、まず自分ならこの商品がいくらだったら買うかという価格を目安につけていきます。

参考として、一般的な相場としては中古品であれば低下の2~3割。 新品であれば定価の4~5割ほどと言われています。

値切られて当然!

フリーマーケットは出品する側が値切られるのは当然の世界です。会場で自分のブースを設けて行う場合、お客さんとコミュニケーションをとりながら販売するわけですが、そのコミュニケーションのなかに値切りが発生するのです。

よって、会場で自分のブースを設けて行うフリーマーケットに出品するのであれば、値切られることを見越して少し高めの値段設定にするといいかもしれません。

また、絶対に値切られたくない場合はネット上のフリマサイトのほうがやりやすいかもしれませんね。

まとめ

フリーマーケット

フリーマーケットと言っても、最近ではインターネットで気軽に出品できたりしますし、不用品が少しでもお金に代わると楽しくなっちゃいます。まずはフリマサイトに登録して、ほかの人の商品を見るだけでも楽しめるのでぜひ始めてみてくださいね。

  • アソビュー