茶道石州流を楽しんでいます

茶道石州流を楽しんでいます

石州流は以前、話題に出たことがあり気になっていました。

自宅近くに石州流大口派の茶道教室があると聞き、体験にうかがってみました。 なんと知っているかた、しかも素敵だなと思っていたかたが先生のお弟子さんに二人もいらして縁を感じました。

「茶道は順番は気にせずに、もてなしの心だけを大切に」と先生に言われ、今まで順番を必死で覚えていた私にはカルチャーショックでとても魅力を感じました。

近所の教室に入門しました

茶道は表千家などは経験がありました。 基本的なことは理解しているつもりです。 ただ、女性同士の見栄の張り合いなどが嫌で遠ざかっていました。

近所にある石州流の見学に行き、茶道だけを純粋に楽しむ教室、と印象を持ち、すぐ入門を決めました。 早くマスターしたいので、今は週に一度ほどお稽古をお願いしています。 口伝なのでお稽古は私の教室はマンツーマンが多いです。 知り合いのかたが弟子になってらっしゃることも入りやすかったですね。

はじめてよかったこと

毎回、茶室のしつらえを先生が変えてくださるので 掛け軸の読み方、焼き物の種類、季節の花々など和の広い知識も増えつつあります。 こうあらねばならない、が少なく、おもてなしの心ですっきりきれいなお点前を、とだけ伝えられ、理由のない所作はありません。

三千家とは違う、武家茶道の面白さを感じるために、今は表千家、裏千家のお点前からは遠ざかっていますが、 せっかく経験した者として、茶道をしているかたに違いを面白く伝えられたらいいなあと感じています。

茶道の楽しさを伝えていきたい

うちの流派を伝えたい、というより、茶道って楽しいよ、といろいろな子どもさんに気軽に伝えたいと夢があります。 先生からもお許しをいただけたので、そんな活動を始めました。

人をもてなす心、大切にする心は幼い頃から育っていくので、流派を越えて、マナーやハートを伝えられたらいいなと思います。 石州流の中では 少しずつ上の免状は取っていきたいです。

マイナーな武家茶道の印象を持たれている石州流ですので、それを逆手にとって、興味を持っていただける場でお点前を見ていただきたいなあと、それにはまず、私の精進かな(笑)

これから始められる方へ

石州流を広めたいと先生が純粋に思っていらっしゃるので、茶道のお月謝としてはとてもお安いです。 水屋料というお代も含めての月謝制で 月2回5000円。

私はお中元お歳暮も差し上げていませんが、丁寧にお教えいただいています。 お茶会も無理に誘われたりチケットを購入することもありません。 しがらみが嫌でお茶を始めたいけど躊躇しているかたにはぴったりだと思います。

私は他流を経験して石州流に来たので、まったくの初心者さんが習得しやすいかどうかはわからないのですが、難しくはないと思っています。

もともとはできなくて当たり前、心がけが良ければよい、という空気があるので、緊張なく初めていただけると思いますよ。

もっと見る

  • アソビュー