御朱印ガール?!

御朱印ガール?!

私が御朱印集めをしようと思ったのは、今、若い子の間で神社仏閣などに参拝し、御朱印を頂いて集める「御朱印ガール」というのが増えてきているというのをニュースなどで目にしたからです。ちょっと「ガール」ではないけれど、自分もやってみようかなと思ったのがきっかけです。

御朱印というものがあるというのは、神社仏閣にお参りに行ったときに目にしたことはありました。しかし、なんだか恐れ多いというか信心深い信者の方しかいただけないような気がしていたのです。それが、普通の人でもお参りさせていただいた証としていただけるのだというのを知り、これはやらねば!となったわけです。

気づけば主人と一緒に

いざ、やってみたいとは思ったけれどさて、御朱印帳なるものはどこで手に入れたらよいのだろうか。

すると、旅行の時に家族で訪れた出雲大社の売店で偶然御朱印帳が売っているのを発見。何気なく主人に御朱印集めをしてみたいと思っていることを言うと、興味なんて示さないであろうと思っていた主人が「面白そうだしやりたい」と乗ってくるではないですか。それならばとその場で二人でビビッと来たデザインの御朱印帳を購入。

早速ドキドキしながらも初御朱印をいただくことができてホッとしつつ感動のまさしく一ページを開いたのでありました。

マイルールを決める

最初は一人で始めようと思っていた御朱印集めですが、主人と一緒に集めることとなりました。そこで、最初にマイルールを決めることにしました。もともと私は神社仏閣に参拝に行くことが好きで一人でもふらっと行くことがあるのですが、この御朱印帳については「主人と一緒」に行ったところだけでいただくということにしました。

まずはこの最初の一冊が埋まるまでは主人と一緒行った神社仏閣の御朱印だけということに決めると、「次はどこに行く?」「あそこの御朱印はかっこよかったね」など、共通の話題で盛り上がることが出来たり、積極的に出かけるきっかけにもなりました。

新たな発見

御朱印を集めるというきっかけで、旅行に行ったときなども積極的に神社仏閣に参拝して御朱印をいただくようになりました。今までなら素通りしていたであろうところにも目を向けるようになり、毛筆の達筆な字で書いてくださる御朱印を見るたびに、改めて毛筆の良さを感じたと新たな発見がありました。

そして、なによりも「御朱印をいただく」ことで気持ちが落ち着くというのも発見の一つでした。

新しい御朱印帳になる頃には西日本在住なので、老後の楽しみに「西国三十三所」巡礼を回ってみたいと思います。

集めてみよう

御朱印帳は大きな神社仏閣や、文具、仏具店、インターネットでも手に入れることができ、デザインもオリジナルなものからかわいいデザインのものなどいろいろ手に入れることができます。

御朱印は社務所などで「御朱印を頂きたいのですが」と尋ねると頂くことができますが、御朱印は「参拝をした証」ですので、最低限参拝をしてから頂いてくださいね。

たくさんの御朱印が集まった御朱印帳を改めて見返すと、これだけの神仏に守られているのだなという気持ちにもなり、大事な思い出が詰まった一冊になると思います。

もっと見る

  • アソビュー