フェレット飼育

フェレット飼育

フェレットとはイタチ科の小動物で愛くるしい仕草やコミカルな体型で、最近はコンパニオンアニマルとして世界中でペットとして可愛がられています。

知能も高く名前を呼ぶと反応し駆け寄ってきたり、人の行動を見ながら動作を真似たりすることもあります。根気強く教えると芸を覚えたりするフェレットもいます。人に良くなつくので犬のようであり、甘え方は猫のようでもあります。

好奇心旺盛で活発なフェレットは一緒に生活すると毎日がとても楽しくなります。

フェレットの詳細

フェレット飼育

フェレットはイタチ科の肉食性哺乳小動物です。体長30~50cmほどで、体重は800g~2kgくらいになります。

毛色は多色、平均寿命7~8年です。フェレットもいくつかの種類があり種類によっては体格や性格も変わってきます。

人気がある種類

活発なフェレットですが温厚な性格の子が多いので初めてフェレットを飼育するなら次の3種がオススメです。

  • マーシャルフェレット
  • パスバレーフェレット
  • カナディアンフェレット

フェレットの特徴

ペットショップに並ぶフェレットは大半が肛門線除去、去勢、避妊がされているのでスカンクのような自己防衛臭を出すこと乱繁殖する事もほぼありません。

大声で鳴いたりする事も滅多にありませんが、時々、遊びが楽しかったりご機嫌になると小さな声で「クックック」と鳴く事があります体がとても柔軟なのでほんの少しの隙間にも潜り込んでしまいます。

フェレット飼育のはじめ方

フェレット飼育

フェレットの飼育を始める前にきちんと最期まで面倒を見てあげられるように、次のことは意識しておいてください。

  • フェレットが生活しやすい環境つくり
  • 経済的、時間的余裕がある
  • フェレットを診れる病院を把握しておく

フェレットは活発の子なのでゲージの中ばかりではストレスを感じてしまいます。

また、寒さには比較的強いですが暑さには弱い動物です。エアコン等を利用して過ごしやすい環境が大切です。

万が一フェレットが体調を崩したりした時診てくれる病院はとても大切です。
犬や猫と違いフェレットを診れる病院は数少ないのが現状です。医療面の環境も整えておく事でフェレットも安心して暮らせるのです。

飼育に用意するもの

最低限必要なものは次の通りです。
これだけ揃えておくと不自由なくフェレットも暮らせます。

  • ゲージ
  • トイレトレー
  • フード入れ
  • 給水ボトル
  • 猫砂またはペットシート
  • ハンモック
  • おもちゃ
  • フード
  • おやつ

フェレットはグルメなので、最初のフードはペットショップなどで食べていた物を用意する方がいいでしょう。

飼育にかかる費用

毎月のフード代と猫砂代の他にフェレットも予防接種とフィラリア予防が必要です。
フェレットに限らず医療費は常に用意しておく事が必要です。

  • アソビュー