ハワイアンキルト

ハワイアンキルト

カラフルで美しいハワイアンキルト。
本場ハワイはもちろん、ハワイアングッズを取扱っている日本のお店でも見かけたこともあるのではないでしょうか?

フラダンスの人気や自然派ブーム、美しいハワイの生活へのあこがれ。そして今ではお料理に至るまで、ハワイアンな要素を取り入れられてきているんですよ!

そんなハワイアンキルトを、飾りだけでなく自分の持ち物にも取り入れて、幸せいっぱいの毎日が過ごしてみませんか?

ハワイアンキルトの歴史

ハワイアンキルト

キルトとは布と布の間に綿を挟み手縫いしていく手芸ですが、実は古代エジプトからあるんです。有名なのはアメリカンキルトでしょう。

ハワイではその昔、木の皮から採ったものを服の代わりに身に着けていました。1820年にイギリス宣教師により、伝えられたハワイアンキルト。それまで余り布で作っていたアメリカンキルトとは異なり、大きなシーツなどの一枚の布を用いて、パッチワークキルトのような図案を縫う技法を広めていったのです。

そして、その布に日の光で草花などが影が写り、今のデザインになったとも言われています。とってもロマンチックな話ですね。

ハワイアンキルトの魅力

ホヌのハワイアンキルト

図案がたくさん!!

ハワイアンキルトには沢山の図案があります。有名なのは緑のモンステラの葉、赤やピンクのハイビスカスの花、海の守り神と言われている縁起の良いホヌ(海亀)です。自分の好きな色で作って、お部屋のインテリアに使えます。

キルトを飾るとあなたのお部屋もグッと明るくなりますよ。作った化粧ポーチ、鍋つかみ、マットなど・・・を眺めているだけで気分が上がります。

すき間時間に作れる

キルトは手縫いなのでコンパクトに収まり、小さめのものはカバンに入れて持って行けます。病院の待ち時間、電車に座っている時に有効活用できますね。カゴに入れてリビングに置いていても邪魔にならず、いつでもどこでも作ることができます。

大作にも挑戦してみましょう

初心者の方は財布やポーチなどの小さいものがオススメですが、慣れてきたら、座布団カバー、トートバッグなど少しずつ大きなサイズのものを是非作ってみてください。

いつかベッドカバーや壁掛けの大作も作ってみよう!と自分への励みになりますし、時間をかけるほど達成感が味わえるので、ストレス解消にピッタリです。

プレゼントにするのも喜ばれますよ!

ハワイアンキルトのはじめ方

ウクレレとハワイアンキルト

どこで学ぶ?

まず、どういったものを作りたいか、ネットや書店などでどんな作品があるのか調べてみましょう。初めは小さめで、図案も簡単なもので始めるのがオススメです。

手芸店には型紙、布、糸のセットがキットとして売られているので、それを利用するのも良いでしょう。2つ目からは同じ型紙を利用して、布の色を変えて作れるので、作った後も型紙は大事に取っておきましょう。他の型紙と合わせて使うこともできますね。

短時間で学ぶキルト体験教室もありますので、参加してみると始めやすいと思います。

必要なものは?

  • ベースの布(下地)
  • キルト芯
  • 裏用の布
  • 柄になる布(モチーフ)
  • 型紙用の厚紙
  • キルト糸、刺繍糸
  • まち針
  • アイロン
  • はさみ
  • (その他ポーチはファスナー、ホック、ボタン等)

費用は?

100円ショップで売っているもので揃えると安く作れます。
キルト芯は大きさにもよりますが 1m で300円くらいからあります。 他にも必要なものを挙げましたが、全て揃えても1000円くらいで始めることができるので、お手軽ですね!

まとめ

ハワイアンキルトまとめ

ハワイアンキルトはカラフルで綺麗な作品ばかりです。作品が完成すると嬉しくて心までウキウキします。

夏のイメージでと思われがちですが、秋や冬でも季節を問わずできる手芸なので、今からでもお友達と一緒に始めてみてはいかがでしょうか。そして作品を見ながら茶話会をしたり、作品展を開いてみるのもいいですね!

無理せず少しずつできますので、ご自分のペースに合わせて、あなただけのキルト作品作ってみませんか?

作品を販売してみませんか?

「ココナラハンドメイド」が3月23日にオープンしました! 頑張って作った作品をここで販売してみませんか?

オープンしたばかりでまだ出品数も少ないので、たくさんの人に見てもらえるチャンスです!!

オープン記念として、作品が売れた時の販売手数料が "無料” になっています(期間限定)

  • アソビュー