ボウリング

ボウリング

2020年の東京オリンピック追加種目候補として話題復活しているボウリング。 惜しくも、追加種目の選考からは外れてしまいましたが、国体競技でもあり、高校総体、大学選手権、アマチュアの大会も数多く開催されています。

実は、年間約1500万人と競技人口が野球やサッカーより多いのです。意外ですよね・・・

家族や友人、恋人同士はもちろん、学校でのクラス会や会社での懇親会など、幅広い年齢層で親しまれています。ボウリングには人と人をつなぐ「しかけ」があるのです。

ワイワイガヤガヤ、大勢でレジャーとして楽しむも1つ。
そして、もう一歩スポーツとして楽しむ方法もあるのです。

そもそもどんな、スポーツ?

ボウリング

10本のピンを、いかにたくさんボールで倒すかというシンプルなスポーツです。
満点は300点(パーフェクトゲーム)です。

シンプルではあるものの、ただまっすぐ投げればいいというわけではないのです!

例えば、競技をしている選手は、その日のレーンにひかれたオイルの状態で投げ方やコースを計算し高得点を狙っているんです。

ボウリング場には「本日のレーンコンディション」という紙が張り出されていますので、知らなかった方は注目してみてくださいね。

ボウリングの魅力

ボウリングスコア表

誰でもできる、誰とでもプレーできる

ボウリングの一番の魅力は、誰でもできる、誰とでもプレーできる手軽さではないでしょうか。

お子様用のスロープを借りたり、ガーターバーを取り付けることもできます。また、ハンディも簡単につけられるので、年齢、性別関係なく、誰とでも一緒にプレーできますね。

爽快感が得られる

思い通りに投げられて、ストライクやスペアが取れたときの爽快感はたまりませんね!
また、あまり上手でなくても、マグレでとれることだってありますよね。

投げ終わった後に、それを見ていてくれた仲間にガッツポーズ。それもまた爽快感!

実は上手な人と一緒に投げると、その人がボールの軌道を作ってくれるので、マグレが出やすいという裏ワザもあるんですよ。

達成感が得られる

ボウリングは基本的に1人でできてしまうスポーツなので、マイペースで楽しむこともできます。つまりそれは、自分との戦いのスポーツということでもあるのです。

投球フォームの研究、アプローチのステップ、そして、レーンコンディションを研究し、さらに高いスコアを目指すことができるのです。

上達してスコアが伸びてくると、大きな達成感が得られること間違いなし!

ボウリングに行こう!

ボウリング場

自分で何も用意しなくてよいという手軽さも魅力ですよね。動きやすい服装でボウリング場へ行くだけ。

  • ボウリングボール
  • ボウリングシューズ
  • 靴下(衛生上のマナーとしても必要)

が必要ですが、ボウリング場で貸してもらえます。

費用は、1ゲーム約300円~500円くらい、シューズも300~500円くらいで貸してもらえます。

ボウリングにハマっちゃった!

ボウリングにハマっちゃった!

さらに上手になりたいんですが!

ボウリング場に所属するプロボウラーのレッスンに参加するのが、一番手っ取り早いでしょう。大抵、フロント近くに募集ポスターが貼ってありますね。子ども向けのジュニアレッスン、一般向けのレッスンがあります。

もう少しスキルアップしたい方は、ボウリング場のフロントで問合せてみましょう。

本格的やりたい!

本格的にやるなら、マイボールを購入しましょう。通常1個1~3万円くらいします。最初は、ベテランの人から中古のものを譲ってもらうのもよいでしょう。

ボールの指穴は、自分の手に合せて、ボウリング場で穴をあけてもらいます。

ボウリング場で主催されている競技会にも参加してみましょう。参加費は3000円くらいが多いですが、誰でも参加でき、1人で跳び込み参加と言う人も結構いらっしゃいますよ。

まとめ

ボウリングまとめ

誰でもすぐに始められる、シンプルだけど意外に奥深いボウリング!なぜか、すぐに誰とでも仲良くなれる不思議なスポーツ。遊びが高じて本格的に選手を目指す人もいます。

高校や大学では部活動をやっている学校もありますし、各都道府県にあるボウリング連盟に加盟すれば、アマチュアの公式大会にも出場できます。

それぞれの楽しさや夢を胸に秘め、まずは、ぶらりとボウリング場に出かけてみませんか?

  • アソビュー