パワーストーン

パワーストーン

パワーストーンという言葉を耳にしたことはありませんか?実はこのパワーストーンという言葉は和製英語なんです。

えっ!じゃあなに?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでいう「パワーストーン」とは、アクセサリー感覚で身につけることのできる、様々な石や陶器を思い浮かべていただくと、わかりやすいと思います。

主に石などが持つ力(パワー)は神話などに結び付いていることが多く、ほかには自分のラッキーカラーのものなら、トンボ玉などを組合せてもOKです。そんなパワーストーンの魅力についてご紹介したいと思います。

パワーストーンって?

トルマリン

パワーストーン、というとなんだか不思議な響きですね。科学的になにかが出てますよ、と説明できてわかりやすいものとしては、磁石を思い浮かべてみてください。磁気の力で肩こりをほぐす!というあれです。磁石のように血行を良くするように、ここでいうパワーストーンは心にそうした影響を及ぼすものです。

例えば、御守りや 癒し効果など、身につけるあなたの心を強くする綺麗なものです。それがあるだけで心が強くなる、まさに力の石なのです。

パワーストーンの魅力

ローズクォーツ

アクセサリーとして

透明な水晶や淡いピンク色のローズクォーツ、様々な色のトルマリンなど、アクセサリーとしても使えることが魅力。ブレスレットやネックレス、指輪などもあります。

自分で作れる

水晶などを組合せて、ブレスレットやネックレスを自分で作ることができます。癒し効果を期待するなら、自分の好きな色の石やトンボ玉を組み合わせてみると良いでしょう。

オブジェとして

石には様々な種類がありますが、その原石が販売されているものあります。特にアメジスト(紫水晶)の原石は神秘的。眺めているだけで不思議な気持ちになります。大きなものからちいさなものまで様々ですので、自由に選ぶことができるのも魅力の1つです。

どんなパワーストーンがいいの?

タイガーアイ

誕生石から試してみる

パワーストーンと聞くと、なんだかちょっと…という方には、誕生石から楽しんでみることがオススメ。自分の誕生石だけではなく、好きな人の誕生石を身につけてみると、会話のきっかけになって、結果的に恋愛運が上がるかもしれませんね。

安価なものから

同じ石でも『宝石』とされる部分とパワーストーンと呼ばれる部分が違うだけで、実は同じ石。宝石と呼ばれる部分はそれぞれ定められた基準をクリアした部分をさします。高価ならばパワーが強い!わけではありません。まずは安価なものから気軽に始めてみましょう。

オススメの石はある?

たくさんありすぎて迷う!という方はやはり、一番スタンダードな水晶から始めるのがオススメ。文字が彫られているものがあったり、形や大きさもさまざまなものがあるので、予算や用途に合わせて組み合わせることができます。宿るとされるパワーも浄化から魔除けまで幅広くカバーしていますし、透明なものが多いので取り入れやすいと思います。

どんなものがあるの?

淡いピンク色のローズクォーツには恋愛を、タイガーアイ(虎目石)には金運を、赤いカーネリアンには女性の美と健康を、というようにそれぞれの石がそれぞれの力を司っています。いにしえの人々が地球がうんだ石達と出会ったときに抱いた崇敬の気持ちがそのまま力になっているといっていいと思います。地中から生まれたのだけでなく、海から生まれた真珠やさんごもヴィーナスの神話と共にパワーストーンに数えられています。

パワーストーンを楽しもう!

アメジスト

例えば透明な水晶とスワロフスキーを組み合わせて涼しげなネックレスにしたり自由自在に組み合わせて、星に願うように心を守ってくれるパワーストーンは身近において、大切にすることでこそ、力を発揮します。どんな季節にも合わせて使うことができますし、色も様々です。

お気に入りを見つけて、毎日の中に1粒のパワーストーンから添えてみませんか?

アンケート+保険相談で
もれなくプレゼントキャンペーン中です!

  • アソビュー