カクテル作り

カクテル作り

カウンターの向こうでシェイカーを振るバーテンダーの姿。お酒好きなら一度は憧れますね。

自分でやってみたくても「難しそう」「ちゃんとした修行をしなければ無理」と思っていませんか?仕事ならともかく、楽しむためなら自己流でOK。

必要な道具と最低限の材料があれば始められます。作る楽しみと飲む楽しみの両方を味わえますよ。うまくなったら自分だけのカクテルを考案したり、ホームパーティーなどで披露するのも楽しいですね。

カクテルって、そもそもどういうもの?

カクテルってどういうもの?

カクテルの語源

いろんな説がありますが、有名なのは18世紀のアメリカでホテルの主人の軍鶏が居なくなり『見つけた者と娘を結婚させると』言ったところ、若い士官が軍鶏を見つけ、娘と結婚。お祝いにいろんな酒を混ぜて飲んだ、というエピソード。「コックテール(雄鶏のしっぽ)」から、お酒を混ぜ合わせた飲み物をカクテルというようになったとか。

代表的なカクテル

ジンベース

代表的なのは、マティーニ。これはジンとドライベルモット(ワインを元にしたハーブリキュール)とレモンピールで作ったカクテルで、オリーブを飾ります。他にはライムジュースを加えシェイクしたギムレット、ジンジャーエールとレモンジュースで作るジンバックなどがあります。

ラムベース

コーラで割ってライムを絞ったキューバ・リブレ。他には、ホワイトラムとブルーキュラソーにパイナップルジュースなどを加えたブルーハワイなど。

ウォッカベース

モスコーミュールが良く知られています。これはウオッカにライムジュースとジンジャービア(またはジンジャーエール)を加えたカクテル。他にはグレープフルーツジュースで割って、グラスのふちを塩で飾ったソルティドッグも有名ですね。

その他、テキーラやブランデー、ウィスキーをベースにしたカクテルもあります。

カクテルを作ってみよう!

カクテルを作ってみよう

基本的な作り方

ベースになるスピリッツ(ジン、ラム、ウオッカなど)に、香りや色のついたリキュール、レモンやライム、オレンジなどの果汁を加えて作ります。

材料を混ぜ合わせる方法としては、シェイカーに氷と共に材料を入れて振る「シェイク」と、ミキシンググラスに材料と氷を入れて、バースプーンで混ぜ合わせる「ステア」があり、作るカクテルや使う材料によって混ぜ方も変わります。

必要な道具

最低限これだけの道具があればカクテルを作れます。

  • シェイカー
  • ミキシンググラス(材料を混ぜるために使う、注ぎ口の付いた大型のグラス)
  • ストレーナー(ミキシンググラスで混ぜた後、氷を濾してカクテルを注ぐための道具)
  • メジャーカップ(お酒の量を計る道具)
  • バースプーン

必要な材料

まずはベースとなるスピリッツの中から好きなお酒を1本用意します。同じベースでも加える材料を変えることで、様々なカクテルを作ることができます。

カクテルの入門書を一冊購入し、飲んでみたいカクテルを選んで、他に必要なリキュールなどを購入するのがいいでしょう。

費用はどのくらい?

シェイカー、ミキシンググラス、ストレーナー、メジャーカップ、バースプーンの5点セットで7,000円〜1万円ほどです。

スピリッツは1本(720ml)800円〜1,200円ほど、リキュールは1,500円台〜4,000円以上と、種類によって価格がかなり変わります。ミニチュアボトル(50ml)だと300円〜500円くらいで購入できるので、数種類揃えておくと色々なカクテルを作って楽しめます。

また、初心者向けの入門書は1,200円〜1,500円程度で手に入ります。

まとめ

カクテルまとめ

お酒を混ぜるとすべてカクテル、とも言えます。難しく考えずに、好きなお酒を揃えたらバーテンダーになり切って気軽に始めてみましょう。これまでは飲むだけだったお酒の楽しみも、きっと大きく広がりますよ!

  • アソビュー