青春18きっぷ

青春18きっぷ

「バックパッカー」とこの言葉を聞くと海外で安宿に泊まり、明確な旅程もないまま気の向くままに移動する、そんなイメージですか?

でも、バックパッカーやりたいけど海外は言語も不安だし。。。という方!青春18きっぷがあなたの夢を叶えます!!!

切符片手に降りた駅で見つけるものはあなた次第。車窓の向こうに広がるときめきを見つけませんか?

青春18きっぷの旅

青春18切符の旅

国内バックパッカー

青春18きっぷは春、夏、冬と販売される期間限定のJRの周遊券です。1日分が約2,300円でJR線の特急を除く列車であればどこまででもいけます。チケットは一枚に5つの検印欄があり、一番初めに改札を通る時に捺印してもらいます。あとは自由。

おおまかな行き先を決めて電車にゆられる中、車内広告で癒しスポット◯◯とかいう広告に惹かれ、急遽行き先変更。宿の夜は疲れを癒しつつも「明日はどこにいこうか?」ホテルや観光案内から仕入れた情報で次の日を考える。日程表のない自由な旅が楽しめます。

日帰りにも使えるの?

チケットの空欄は5つありますが、JRはその利用を一人に限定していません。なのでその空欄は決して「5日分」ではないのです。つまり、5人の友達といつもだったら往復2,500円かかる場所に行きたい場合にも18きっぷは最適だということです。一人で使えば5回の日帰り旅行が、2人で使えば2回の日帰り旅行も楽しめます。この機会に普段乗らない路線で行けるところまで行ってみるてはいかがでしょうか。

旅の魅力

ゆっくりとした旅も魅力的な旅のひとつではないでしょうか。駅を乗り継ぎ変わる人々。それによって聞こえてくる方言の違い、でも聞こえてくる話題はどこも一緒だったり。そしてローカル線だからこそ観れる田舎の風景。そしてその田舎な路線を利用する人々の姿。え、こんなところに家あるの?ってところで降りるセーラー服の少女。新幹線や飛行機の旅行では決して楽しめない目的地に行く過程を楽しむ旅です。

有意義な使い方

周遊券ですので1日になんど降りても何度乗っても構いません。気になった駅でふらりとおりるもいいです。駅にレンタサイクルがあれば2時間ほどサイクリングで街をふらふら。また電車に乗ってゆらゆら。大きな駅には大抵ビジネスホテルやカプセルホテル、漫画喫茶がありますのでホテルを予約せずにそのまま飛び込みで泊まることもできますし、スマホを利用し夕方ごろにその夜のホテルの予約もできます。

青春18きっぷの旅に出かけよう

青春18切符の旅

青春18きっぷを買いに行こう

始め方は簡単です。18きっぷの販売期間にみどりの窓口やJRのチケットの発券を取り扱う旅行代理店に行き「青春18きっぷをください」といえば手続き終了です。あとはきっぷを片手に楽しんでください。

仲間と5人で日帰り旅行に使ってもいいし、友達と2人で宿泊旅行の往復で使って残り1枚は金券ショップに売るのもありでしょう。利用期間の始めの方は1回分でもそれなりの値段で売ることができます。

利用期間後半で5回分使う目処が立たない場合は金券ショップで購入するのもよいでしょう。

あると便利なもの

長距離移動やバックパッカーをする場合、書店でも手に入る「ポケット時刻表」は持っているととても便利です。読み方は慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単で北は北海道、南は鹿児島までの時刻表と線路図が手に入ります。

初めての方は近場での日帰り旅行や1泊旅行などの利用がいいかと思います。携帯で時刻表を調べればちょっとよく分からない時刻表の解読は必要ありません。ただ、その際は「新幹線を利用する」「特急を利用する」などのチェックを外してくださいね。

最後に

青春18切符のまとめ

初めて18きっぷの旅をした時、何気なく乗り換えの駅で降りて、特に何もなかったけどふらふらしてたら温泉をみつけたので温泉にゆっくり入って、駅に戻り旅を続けました。

そういう贅沢な時間の使い方初めてみませんか?慣れると日程表のある旅行が窮屈に感じますけどね。

  • アソビュー