クラウドソーシングで新しい私に!

クラウドソーシングで新しい私に!

私がクラウドソーシングに出会ったのは、あるライターさんの記事を見かけたことから始まります。

みなさんもネットサーフィンをしていると、 印象にのこる、ステキな記事を書いた人が気になることがありますよね。

その方のプロフィールを見てみると、 なんと専業主婦で自宅でライターをしているではありませんか。

しかも新聞記者のように社員として所属しているのではなく、 フリーで自分のあいた時間を使って、ライティングをしているというのです。

その方のツイッターを見ると、同じようなママさんライター仲間がほかにもいらして、 ライターなんて自分には縁のない世界と思っていた私には、 クラウドソーシングというものに、とても強く惹かれたのです。

誰でも突然、異業種の世界へ!

その方はある大手のクラウドソーシングを運営するサイトを利用して、 ライター業をしているのを知りました。早速私はそのサイトで簡単な手続きをして、出来そうな案件に参加してみました。

小さな案件でしたが、すぐに報酬で数十円が私のもとへ振り込まれ、

「・・・えっこれで?」

この瞬間、自分の中で色々な何かが変わりました。

確かに会社でお給料はもらえますが、それは組織として働いての収入であり、 クラウドソーシングでは私自身の働きに対して、ダイレクトに収入が発生します。

自分の働きに対して、きちんと報酬が発生する。 まるで誰かが私を必用としてくれて、感謝が形となって現れているように感じたのです。

誰でも胸をはってライターを名乗れます!

それ以降、私は毎日クラウドソーシングで仕事をするようになりました。

本業があるので、できる時間に限りはありますが、 それでも一日に1つか2つの簡単な案件をこなし、一ヶ月で5千円を越えました。

どれも数十円から数百円ばかりの案件ですが、クライアント様から収入を得ている以上、 私も立派なライターなのです!

みなさんはきっとライターって、誰でもそういう会社で面接を受けて、 入ってそこに配属されないと、できない職業と思う人が大半だと思います。

しかしクラウドソーシングは違います。 面接も履歴書もいらなくて、その日からいきなり始めることができるのです。

これってとっても凄いことだと思いませんか。 だって一生関わることのないと思っていた別の世界の仕事に、 誰でもやる気があればすぐにできるんですから。

定年後の年金稼ぎとしてあり?

少々年寄りくさいタイトルですが、私はこう思いました。 この仕事はネットさえあれば、定年後でも自宅で収入を得ることができます。

しかも私は本職の合間の1、2時間をライターとして活動していますが、 年金をもらう年になったら、一日中自宅にいることができます。

ということは一日中家にいたら毎月5千円よりも、 はるかに収入が増える可能性があるわけです。 そう思えるとすごく魅力的ですよね。

少ない年金を、クラウドソーシングで補える可能性があることに気がつくと、 定年まではまだずっと時間があるので、 私は今のうちにこのスキルを磨いておいたほうがいい、 と考えるようになりました。

・・・本当に年寄りくさいのですが、 クラウドソーシングを魅力に感じるきっかけは、何でも見つけたもの勝ちでいいはず!

ライターは小遣い稼ぎではなく、あくまでも仕事として

クラウドソーシングでライターをするには、人としてのマナーが必用になります。

これってとっても重要です。

いい加減な仕事をしていたら、低い評価がついてチャンスがなくなります。 私はあるライターのブログを見て、まずライターとしての心構えをもってはじめました。 といっても人として最低限のマナーを守る程度です。

するとプロフィールなどを見て、依頼されることが増えてきました。 ライター歴一ヶ月の私に、大手メディアからたまに募集の案件がきたりするようになったのです。

アンケートに答えただけなのに、プロフィールを見て直接依頼をする方もおられました。

ここでは真面目な人ほど、チャンスがあります。

信頼される行動をとれば、きちんと答えてくれるのも、クラウドソーシングの素晴らしさです。

そんな新しい世界が、あなたのすぐそばにあります。

もっと見る

  • アソビュー