子育て中の方も子どもと一緒に楽しめる趣味5選

子育て中の方も子どもと一緒に楽しめる趣味5選

出産を機に、今までやっていた趣味を断念した人は多いのではないでしょうか?
子育てに奮闘していると、自分のための時間はほとんどなくなりますよね。ましてや、趣味なんて持つ余裕はありません。

そんな人にオススメしたい、 子どもと一緒に楽しめる趣味5選をご紹介します。

1. 散歩

散歩

子どもの対象年齢:生後1か月頃~
費用:0円

特に子育て中の方に一番オススメするのは散歩です。
「なんだ、散歩か」とあなどってはいけません。散歩はもっともお金がかからない趣味の一つですが、他にもメリットがいっぱいあります。近所を散歩すると顔見知りができ話すのも楽しいですし、知らない道を散歩すると探検気分で新しい発見が見つかります。毎日の散歩習慣が身につけば健康的にもなります。散歩しながら親子で話し、関係を深めるのも良いですね。四季折々の違いを肌で実感できるのも風情があります。

また生後1か月から、ベビーカーや抱っこ等で少しずつ散歩できるので、低月齢の子育て世代でも簡単にできる趣味というのもオススメの理由です。育児疲れで欝々とした気分になってしまっても、外気に触れ、太陽の下を歩くだけでも精神的に晴れ晴れとした気分になりますよ♪ 気分転換もかねてお外に出かけてみましょう!

2. 読書

読書

子どもの対象年齢:生後3か月頃~
費用:0円~

読書は手軽に始められる趣味の一つです。
わざわざ本を購入しなくても、近くの図書館で借りれば無料で楽しむことができるのも嬉しいですね。子どもが小さい時は絵本からはじめ、親子で楽しむとスキンシップにもなります。絵本の世界も奥が深く、大人でも惹きこまれる絵本はたくさんあります。

また、子どもが喜ぶ絵本を選ぶのもワクワクしますよ。小さい頃から本に親しむ環境は、子どもの想像力を育み、言語能力の発達にもいい影響があります。年長になる頃には子ども1人で絵本を読むこともできるようになるので、集中力も身につきます。

親にとっても育児で疲れているときに、ふっと絵本の世界に触れると心が休まりますよ。子どもが一人で読書を楽しむようになれば、親子でそれぞれ読書タイムなんていうのも良いですね♪

3. お絵かき・塗り絵

お絵かき

子どもの対象年齢:1歳頃~
費用: 0円~

お家にあるペンや広告の裏などを使えば、ほとんど無料ではじめられるお絵かき。
手軽で簡単ですが、実は奥が深いのです。子どもにとって、何もないところに色が出てくるお絵かきは不思議と魅力でいっぱい。また描くことによって、自己表現したり、創造力がかきたてられたり、脳と心を大きく育ててくれます。また親が楽しそうにお絵かきしていると、子どもも楽しくなってきます。親にとっても子どものかわいいい絵をみているとほっこりした気分になりますよね。

お絵かきに慣れてきたら、塗り絵もオススメです。塗り絵も子どもから大人まで没頭できるので、心を癒してくれるでしょう。親子で塗り絵を楽しむのでしたら、特にマンダラ塗り絵がオススメです。マンダラ塗り絵はインターネットや本屋等で簡単に手に入れられ、子どもでも簡単に塗り絵ができます。デザイン力も高く様々な種類もあるので、塗り終わったら飾ってみてはいかがでしょうか?

4. 料理

料理

子どもの対象年齢:2歳頃~
費用:材料費

毎日している家事の一つの料理ですが、趣味にすると楽しくなります。作る料理によっては、2歳頃から一緒に作ることができるので親子で楽しめるのも魅力的です。例えば、うどんの材料は家ある小麦粉・水・塩だけ。しかも、袋に入れて子どもに足で踏み踏みして捏ねてもらえば簡単に親子で料理できちゃいます。手作りで出来立ての料理は美味しいですし、料理の過程を子どもが学べるのもいいですね。子どもはお手伝いが大好きなので、きっと喜びます。

また、子どもに苦手な食べ物があったとしても、自分で作った料理なら食べてくれるかもしれません。4, 5 歳になると子ども用包丁なら使えるようになるので、親子でどんどん料理のレパートリーを増やしちゃいましょう!

親子で作った料理を食べていると、食卓も楽しくなり、コミュニケーションも増え、美味しい笑顔に包まれますよ♪

5. アンデルセン手芸

アンデルセン手芸

子どもの対象年齢:4歳頃~
費用:0円~

アンデルセン手芸とは、広告やチラシ、古新聞、雑誌等をつかって籠や小物入れ等を作る手芸のことです。

昔、おばあさんが広告をクルクル丸めたのを何本も作り、それを編み上げ、小さい籠や鉢カバー等を作っていた事はありませんか?手先の機能回復や、リハビリ、作業療法等で注目を浴びているのですが、慣れると意外と簡単です。広告をクルクル丸めることができる4歳の子どもから作ることが可能でしょう。お家でいらなくなったチラシがあればできるので、エコですね。なんといっても、ただの広告が自分の手によって作品になった時の達成感は何ものにもかえがたい喜びです。きっと親子で夢中になること間違いなしです!

まとめ

子どもと一緒に楽しめる趣味をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?子育て中ですとお金も時間もないのですが、今回紹介した趣味は簡単にはじめられると思います。親子で趣味を楽しむと、親子での触れ合いや会話が自然と増え、より一層楽しくなります。ぜひ親子で一緒に趣味をはじめ、日々の生活を心豊かにすごしてください。

  • アソビュー